オランジェット:ノエル・ジョヴィ /Orangette : NOEL JOVY


フランスのチョコレート フランス
100g 1980円 (1500円引き) 購入場所:Amazon


まさかの半額近いオランジェットを発見

楽天とAmazonで、【ピスタチオ チョコ】【マジパン チョコ】で定期的に検索している管理人(笑)
こちらは2月のバレンタイン時期後半ごろ?に、Amazonで発見したお値打ちオランジェット。お値打ちとは言え1500円引きでやっとそんじょそこらのオランジェットのお値段と言う。。。

通販だし、値引きの原因の【割れあり】と書いてあってかなり覚悟してたけど、そこまでひどく割れてるのないし良い。
届いてから期限も二週間はあり良い良い。


こんな感じで割れてたけど


割れてる本数の方が少なくて良かった。


断面図。
形状としては細くて長め、そしてコーティングが薄くてオレンジの割合が多いのが嬉しい。

割れてるやつを食べてもジューシーさにびっくり!
そしてオレンジが肉厚
チョコレートはビターめ、そしてオレンジは甘過ぎないのにしっとりジューシー。
これはかなり上質なオランジェットだ。。。
後味で口に残るカカオの風味がまた美味しい

有名ショコラティエのオランジェット…元値3500円と考えると、納得のお値段。
今年見送ったアオキとか同価格帯のも食べてみたいね、他のチョコが片付いたら(笑)


そんなIngredients.


さてそんなオランジェットを作るショコラティエの公式HPはこちら
⇒Noel Jovy 仏語だよー
1856年からの歴史あり的な事がトップに書いてるけど、最近深追いする余裕がないので詳しいことは輸入代理店の日本語サイトにお任せします。

⇒ノエル ジョヴィ | プライムショコラ 日本語だよ
これを見るとシングルオリジンのカカオを使ったショコラも作ってるみたいで気になるなぁ。。。









そのうちオランジェットまとめも更新したいな>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート

スマックポルスキ・ビール:マニュファクチュラ・チョコレディ


ポーランドのチョコレート ポーランド
60g 750円 購入場所:阪急チョコレート博覧会


ビール味のチョコレート

なんて初めてだよ!
こちらは独特なパッケージのデザインと1000円を超えないお値段に惹かれて、そして本当はバター味が買いたかったけどリコリスチョコを選んだ⇒過去記事 冒険心を思い出してビール味を購入(笑)
…いつも記事を書く頃になってからやっぱり両方買えば良かったってなるんだよなぁ。



こんな感じに密閉されてるパックは珍しくて、ちょっとテンション上がるね。



表面はシンプル。
厚みは6mmくらい。



想像よりは大麦が少なめかも。
ミルクチョコレートな色で割りごたえは固め、香りは控えめ。
舌触りはざらりとしてて、想像してたようなクセはなく、結構甘め
その中に独特の香ばしさっぽいのがあるのはこの大麦の風味なのかな…?

大麦の所に当たるとカリカリした食感と香ばしさ、そして苦味がやってきておお…ビール??
カカオニブとは違う穀物風味が面白い!
もっと散りばめられてても良いと思うけど、多すぎてもクセがありすぎるのかな。

色んな意味で異国感あふれるチョコでした。


そんなIngredients.



QRコードで製造工程をご覧をいただけますとの事で読み込んでみたら、youtubeが出てきました。
⇒Manufaktura Czekolady Produkcja
見てみたら3分程度の、カカオ豆からチョコレートになるまでの動画なのだけど、全編ポーランド語?での説明なので何が何やら(・・;)

と言うわけで公式HPをご紹介
⇒ Smak Polski ポーランド語だよー

そしてマニュファクチュラ チョコラレディ…チョコレートを作ってる会社の公式HPもあったのでご紹介
⇒Manufaktura Czekolady ポーランド語だよー

こちらはポーランドで唯一?の豆からチョコレートを作る会社。


最近忙し過ぎてブログを更新する時間が無いので、取りあえず詳しい説明は割愛。アドレスを貼っておくので気になる方はまた見ておいてください(笑)
ひとまずはブログを書く事から勘を取り戻さないと。。。












しばらく公式HP紹介はリンクだけにしようかな(・・;)>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ


テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート

ピスタチオタブレット:セバスチャン・ゴダール SEBASTIAN GOUDARD


フランスのチョコレート フランス
90g 2180円 購入場所:パリセレクトショップJulietta 楽天市場店


ピスタチオのタブレット!



そもそも今回はサロンデュショコラ公式通販を使った事もあり、他に通販サイトで良いチョコがないか探してたのです。
そんな中、まさしくピスタチオ好きの為のタブレットを発見したので思わず購入。



通販なので?箱も何もなく、材料欄も無し。。。ピスタチオは何%だったのだろう。
外観がシンプル過ぎと思ったけど、チョコの下に敷かれている金色の板がかなり頑丈で強度があって良いね。

袋には地味に『SG』(SEBASTIAN GOUDAR)ロゴ入り。



チョコ部分で7mmの厚みだけど綺麗に折れ線で割れたよ。



このピスタチオごろごろの見た目…!

ピスタチオ風味と共に、どこか爽やかな香りがするね。
塩味は控えめだけども、ピスタチオの食感が豊富なダイナミックタブレット。
土台となるのホワイトチョコは甘さも控えめで、イタリア系ホワイトチョコで特に感じるクセがなくてとても食べやすい。
ダイナミックな見た目だけど風味は繊細で良いね、後味にピスタチオの風味もしっかり来ておいしい

イタリアのナッツピスタチオチョコを食べた後に食べたらまた風味の方向性が違って面白いね。
しかしこの爽やかなどこと無しにハーブ風味というか青い風味は…生ピスタチオの風味なのかな?
これがまた特徴的で個性のあるタブレットでした。


さてそんなチョコレートを作るショコラティエの公式HPを発見したのでご紹介
⇒SEBASTIAN GOUDARD 仏語だよー
昔の博物画のようなデザインがお洒落で好み!

HISTORIEより、モデル風写真と共にセバスチャン・ゴダール氏の遍歴などが読める…のだけど全部フランス語で敷居が高い;

さてはて元々ペストリー一家の生まれらしくて、父親のダニエル・ゴダール氏による『他の子が粘土で遊んでいる中、息子はマジパンを取り扱ってた』との評がおもしろいw

ベルフォールのジョーンズ・バーグ氏や、ミュルーズのジェラルド・バンワース氏の所で技術を磨き、22才でホテル マルティニョンの扉を叩く。
1993年にはフォションへ入社、26才にてピエール・エルメ氏のスーシェフへ。
2003年にはパリのボンマルシェに、デザイナーのクラウディオ・コルッチと提携して”Delicabarデリカバー”を開き、すぐに『ペストリーの貴公子』との異名が与えられる。2009年にデリカバー閉店。
80もの伝統的でシンプルな菓子のレシピが載っている『Le Meilleur des Desserts』をデザートの権威であるFrancoise Bernard氏と共著・発行。
2011年にはマルティール通りにパティスリーを開店。2014年11月には二つ目のサロン・ド・テをチュイルリーにオープン。


…とまだまだ説明が続くけどだいぶ割愛。


今回購入したパリセレクトショップJuliettaさんの公式ブログにも、セバスチャン・ゴダール氏のお店説明や紹介があったので、日本語だしそちらを見た方が分かりやすいかも。(セバスチャン・ゴダールで日本語検索したら一番初めに出てきます笑)

でもとにかく公式HPがシックでお洒落だ。。。







JuliettaさんがSGのチョコ推しなので他の種類も気になってきた>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : チョコレート 輸入菓子

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク