セレクションボックス お菓子とデザート GATEAUX & DESSERTS des regions


フランスのチョコレート(と日本) フランス
10個入り 5400円 購入場所:サロンデュショコラ京都


お菓子なチョコレート


の詰め合わせボックスだなんて…世界のお菓子好きの自分が買わないわけ無いじゃないか!(笑)
以前のM.O.F.ボックス⇒過去記事でもカリソンだなんてフランスのお菓子を知れたりしたので今回も期待。

今回は断面も載せてみるので写真多いよ!



桜餅 【ル ショコラ ドゥ アッシュ】
”お米&米糀のガナッシュと桜のガナッシュを2層に。桜餅をイメージしたショコラ”

断面の雰囲気はまるで ういろう(笑)
そして懐かしい桜餅の香り
ちらされてるのは桜の花びらの塩漬け?ほんのり塩味をかんじるね。
白い部分が米麹ガナッシュかな、とても和菓子感!チョコを食べてるのにこの風味は面白いなぁ。
実は自分、桜スイーツの香りが得意ではないのだけど、こんな感じの使われ方ならおいしいね。




ポムタタン【ダヴィド・カピィ】
”青リンゴ入りのキャラメルとミルクチョコのガナッシュをレでコーティング”

爽やかな香りのミルクチョコ。
見た目はただのミルクガナッシュだけども、確かに後味に青リンゴの風味があるね。
ミルクにキャラメルのコクもあって美味しいし、青リンゴなボンボンは初めてだ。




松の実のプラリネ【ユーゴ・アンド・ヴィクトール】
”南仏の郷土料理、ピストースープの素材「松の実」をテーマにしたプラリネ”

松の実は好きなナッツです!サラダに入ってるのも好きだけどスイーツで食べるのは初?
めちゃくちゃ香ばしいプラリネはどこかきな粉にも感じてしまうね、ナッツ自体の癖というかのくどさが少ないというか…。
キャラメルのシャリ食感もありつつビターチョコが引き締めてて美味しい




タルト・シトロン・メレンゲ【クリスチャン・カンプリニ】
”レモンタルトをイメージ。レモンの酸味を引き立てるジャンドゥージャがベース”

メレンゲと言う事を忘れて切ったら割れてしまった(笑)
メレンゲ自体は酸味も無いのだけど、下のジャンドゥーヤ自体にしっかりしたレモンの酸味が!
ジャンドゥーヤの香ばしさがタルト土台を彷彿させて、総合的にレモンタルトという面白さ。
食感も含めてうーん楽しいなぁ。




オペラ【オテル・デュ・キャップ・エデン=ロック】
”ショコラノワールのガナッシュとアーモンドサブレ、カフェオレのガナッシュをミックス”

この金箔のちらされてる見た目からしてオペラ(ケーキ)だね。
切ってみるとしっかりしたコーヒーの香りがするよ。
少し苦味のきいたビターなカフェオレガナッシュと、アーモンドサブレに仄かに塩味があって焼き菓子感。
このビターなチョコレートとコーヒー風味に確かにオペラを彷彿さすね!




フォレノワール 【クリスティーヌ・フェルベール】
”キルシュ風味のホワイトクリームと、マンジャリガナッシュをノワールで包みました”

洋酒の香りと深いカカオの苦味、これチョコ自体が美味しいなぁ。
お酒は得手で無いのであまりフォレノワール…独語でシュバルツヴァルターキルシュトルテは食べたこと無いのだけど、
ビターなチョコの中にキルシュ風味が効いてて美味しいね。




ガレットショコラミエル&シトロン 【ブルーノ ルデルフ】
”そばの実のプラリネとそばの花の蜂蜜とレモンのガナッシュの2層仕立て”

二層の切りごたえ、見た目は茶色。
めっちゃ蕎麦の香り…そばぼうろの香りが!(蕎麦系菓子それくらいしか分からないw)
滑らかなガナッシュと、細かなガリガリがインパクトある蕎麦プラリネ。
食感も面白いけどこの独特な香ばしさに、酸味は強くないけど爽やかなレモンガナッシュがまた合うね。
ハチミツ…はよく分からないかも(笑)




ミス・ミラベル 【フランク・ケストナー】
”アーモンドプラリネとロレーヌ地方の果実ミラベル風味のパートドフリュイを2層に”

果実ミラベルが食べた事なくてよく分からないけど(笑)
プラリネは断面がゴロゴロしてるね、、
金柑のような杏子のような果実の甘さがあるパートドフリイがジューシー!アーモンドプラリネは、 大きめのナッツもあるけどパフもあり、凝った組み合わせ。
いやぁフルーティなお菓子を食べさせてもらったよ。




タルトタタン 【モリ・ヨシダ】
”リンゴをキャラメリゼしたパートドフリュイとカルバドスが香るガナッシュの2層仕立て”

ガリガリな見た目の外側に反して中身は柔らか。
こちらもお酒の香りがしっかり!これがカルバドス?そしてこちらのパートドフリュイは柔らかめで薄め。
周りのクランチが口の中で柔らかくしっとりしていき、リンゴの風味と交えてタルトタタンの上の林檎食感をイメージしてるのかも知れないね。
ビターなチョコがまたよく合ってて美味しい。




ノエット 【オリヴィエ・ヴィダル】
”パンドエピスのガナッシュでオレンジのジュレを挟み、ショコラ レでコーティング”

ほんのりスパイスの香り。
食べてみるとよりスパイスの風味が増して、滑らかなガナッシュの合間からフルーティなジュレが出てきておお…。
甘さ控えめガナッシュにスパイスで硬派な雰囲気の所に、オレンジの風味でスイーツさが増すね。


そんなIngredients.



いやあどれも凝りと拘りがあって面白い!
ベストを決めるのは難しい…!けどルデルフさんとケストナー氏が割と好みで、モリヨシダ氏の発想に脱帽。
そう言えば何度かセレクションボックスでケストナーが好みだと言いつつ購入した事ないや…そして今年も。


さてはてショコラティエ紹介は疲れたので全部略w
お菓子というテーマで気になった単語を調べてみたのでご紹介。

【桜餅】……言わずと知れた日本の和菓子。西日本住みの自分からしたら道明寺餅ver.の方が馴染みあるね。

【ポムタタン】……pomme=りんご、tatin=タタン(タルトタタン)の意味なので結局タルトタタンなのかな。タルトタタンはフランスの冷凍ケーキでも食べたよ⇒過去記事

【ピストースープ】……pistou soupで出てきたこちら、ピストーとはフランス語で『ペースト』の事だそうで、野菜を食べるプロヴァンス地方のスープなんだとか。写真を見てみるとジェノバソース風(バジルと松の実)な物もあり、それが故の松の実?どちらにしろお菓子では無い(笑)

【タルトシトロンメレンゲ】……英語ではレモンメレンゲパイとか呼ばれてるタルト。レモンの酸味とメレンゲのサクサクがマッチするらしいのだけど、食べた事も作ったこともまだ無いや。

【オペラ】……フランス洋菓子店ダロワイヨ⇒過去記事が発祥とされる、チョコとバタークリームそしてコーヒーリキュールのケーキ。濃厚だしお店によって個性が出るので好きなケーキです。

【フォレノワール】……ドイツではシュバルツヴァルダー・キルシュトルテ…『黒い森のさくらんぼ酒ケーキ』の事。ココアスポンジにキルシュ入りクリームを塗り、上にチョコを削って森に見立てたケーキ…と有名だけど下戸な自分はこちらもまだ食べた事無かったり。

【ガレットショコラミエルシトロン】…全訳したら、チョコと蜂蜜とレモンのそば粉クレープって事かな。そば粉を使用したクレープ・『ガレット』は、フランスはブルターニュ地方が発祥のお菓子(料理)。

【ミラベル】……Mirabell plum、ミラベルプルーンとも呼ばれるスモモの仲間の果物。この果実ミラベルはフランスはロレーヌ地方の名産品で、1996年にはPGI認定(原産地名称保護制度…パルマ産の物しかパルミジャーノ・レッジャーノと名乗れないとかいうアレ)も受けたみたい。まあ全世界のミラベルの80%を作ってるみたいだからなぁ、日本に居て食べる事は相当難しいかもしれない果物。

【タルト・タタン】……略。ポムタタン参照。

【ノエット】……これ検索してもよくわからなかったけど、フランス語のwikiを発見。⇒『Nonnette』wiki 仏語だよー
オレンジマーマレードと蜂蜜を使用した小さなパンデピス(スパイスを効かせた焼き菓子)の事。ディジョンやブルゴーニュ地方で有名で、中世で修道女(Nonnes)たちがそれらを作ったことが名前の由来とか。ノエットでなくノネットなら日本語でも説明が出てきたよ。


うーん世界にはまだまだ知らないお菓子がたくさんあるなぁ。








ショコラティエ紹介より疲れたかも…>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ



Related Entries

Topic : スイーツ
Genre : Gourmet

tag : 輸入菓子 チョコレート

Post a comment

Private comment

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク