アソートアミカル:セバスチャン・ブイエ 、他4名


フランスのチョコレート フランス
5個入り 2160円 購入場所:阪神百貨店


ルージュ型ショコラで有名なセバスチャンブイエ


さて西日本済みの管理人は大阪あたりのバレンタイン催事によく出没するのですが、1月末にお邪魔した阪神百貨店のデパ地下にてこちらが売られているのを発見。
↓快く写真も撮らせてもらいました。

『阪神梅田本店限定』(国産)の、セバスチャン・ブイエを中心としたフランスのショコラティエが集まった、平和の為のチョコボックス。
実は阪神のバレンタイン催事は2/1からという事を知らずに行ってしまってたのだけど(笑)、折角なので思わず購入。
しかしブイエさん以外だとヴァンサン・ゲルレ位しか分からない。。。

ちなみにAmical≒友好、優しい、平和などの意味を持つフランス語です。



鳩が集まると可愛いなぁ、それぞれのフレーバーをくわえているのも素敵。
そして一粒が大きめなのも嬉しい。



Citron シトロン: パスカル・ラック〈ニース〉
薄いミルクチョココーティングの中にはしっかりした酸味のあるレモン風味がガナッシュ!
チョコガナッシュがここまでみずみずしいだなんて感動…味がしっかりしててもはやジューシー
ミルクチョコのコーティングと酸味がマッチしてるね。
酸味得意でない自分もこれは美味しい




Caramel キャラメル: ヴァンサン・ゲルレ 〈ナント〉
ビターなコーティングの中には口溶け良い濃厚なキャラメル風味のガナッシュ。
ほんのりと塩味もきいてて、ゲルレさんのキャラメルを久しぶりに食べたけど美味しいなぁ、
後味にビターなカカオ風味も残ってまとまってるね。




Estragon エストラゴン:ジェラール・ミュロ〈パリ〉
エストラゴンって…なんだ???香りだけでは分からないね。
食べてみるとビターなチョコの中にはビターなガナッシュ、一旦置いて口の中にハーブの香りが広がる!
チョコの甘さと風味が相まって、どこかリコリスの様な雰囲気の味でもあるね。。。
ビターなチョコとのバランスは良いのだけど、エストラゴン自体が多分自分の好みではないねw

ちなみに気になって調べてみたら、エストラゴンとはタラゴンと呼ばれるキク科よもぎ属の植物。
wikiによるとアニス様の香気を持ち…とありアニス様の香気を調べたら甘草と似た甘い香りがあるとあったので、リコリス(甘草)風味が感じられたのも無理は無いのかもしれない(笑)
フランス料理でよく使われ、サラダのドレッシングやタルタルソースなどにも使われてるみたい。料理の味を劇的に変化させる事から『魔法の竜』とも呼ばれているみたい。




Praline Noisette プラリネ ノワゼット:セバスチャン・ブイエ〈リヨン〉
切ってみるとシャリシャリした手応え。
ヘーゼルナッツの香りがしっかりするプラリネの中には、サクサクな細かなフィヤンティーヌの食感が香ばしい。
食感が楽しいしヘーゼルナッツの香りが濃くて美味しいなぁ。




Cassis カシス:ローラン・デュシェーヌ〈パリ〉
中のガナッシュが見ため若干赤いような…?
一口めから酸味があるけど、酸っぱいだけでないカシスの風味がしっかりやってきて、甘みもありこれは美味しいカシス
酸味得意でない自分はこれぐらいマイルドな酸味とフレッシュな風味が好きだなぁ。


そんなIngredients.


さてこちらはそれぞれのショコラティエのレシピをもとに日本で製造されたボンボン。

さてそんなショコラティエをそれぞれご紹介。



【パスカル・ラック Pascal Lac】
⇒Chocolatier LAC 仏語だよー
Accuieli → La Maison LACを翻訳
ニースの1995年にお店を出したのが始まり。
2006年からはルレ・デセール会員となり、CCCで4度受賞してからフランスのショコラティエベスト20に選出されてるみたい。(翻訳が怪しい)
主にニースに4店舗ブティックがあるとか。
Nos creationsではイベント用の巨大ケーキや焼き菓子の写真が載ってて見るだけでも楽しい!

ふと日本語で検索したら、LACという名で今年は大丸にも出店してたみたい…全然気づかなかった。


【ヴァンサン・ゲルレ Vincent Guerlais】
に関しては以前に紹介したので割愛。
⇒過去記事
こちらでもキャラメルを使用したチョコを頂いたのだけど、キャラメル使いの得意なショコラティエみたいだね。


【ジェラール・ミュロ Gerard Mulot】
調べてみたら2008年ごろに阪神百貨店に出店してたみたい。そんなパティスリーの公式HPはこちら
⇒Gerard Mulot 仏語だよー
1975年にフランスのパリ6区、サン=ジェルマン・デ・プレにお店を開いたのが始まり。1980年にチョコレートコレクションを発表した事でパリっ子にめっちゃ受けて1985年に増築。2005年にはショコラやマカロンに特化した2号店も出来たとか。
日本語の旅系口コミ見てると、お惣菜やパンやケーキやチョコなど多岐にわたる品揃えらしく、お惣菜までも取り扱ってるからこそのエストラゴン使い…なのかもしれない。。。


【セバスチャン・ブイエ Sebastien Bouillet】
こちらは日本語公式HPがあったのでご紹介
⇒セバスチャン・ブイエ
詳しい経歴に関してはヒストリーで分かります。
リヨンに8店舗、日本に4店舗お店があり、今気づいたけど阪神梅田店にもお店があったんだね…。
本家公式HPはいつか単品で購入したら紹介します。(疲れてきた)

ちなみにかの有名なルージュ型ショコラを食べた方に話を聞いてみたら、美味しかったけど繰り出しタイプの容器に詰まっているので、キレイに食べきるのが難しいとの事でしたw


【ローラン・デュシェーヌ LAURENT DUCHENE】
こちらは2017年のサロンデュショコラ東京にも出店していたお店みたい。
公式HPはこちら⇒LAURENT DUCHENE 仏語だよー
英語変換が出来ることに感激!
Important Datesによると、1993年にM.O.F.を取得、2001年にペストリーショップを開き、2005年にはルレ・デセール会員に。
2010年には日本人の奥様の名前を冠した2号店をオープンとの事。
日本の百貨店でも毎年催事出店している…とあったけど、自分が知ったのは初めて。名前だけでも覚えておこう。。。


と色んなショコラティエの作品が食べれるのが、セレクションボックスの良い所だね。
サロン・デュ・ショコラのセレクションボックスも手に入れたので、また後々ご紹介。







いつかそれぞれのショコラも食べてみたいね>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : チョコレート

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク