バジルチョコ:ロメオ・ヴィガノッティ /Romeo Viganotti


イタリアのお菓子 イタリア
80g12枚入 1180円 購入場所:イタリアフェア阪急百貨店


パスタでは好きなバジル味


の、チョコレートを発見!
そもそも初めてこちらのお店を見たときに、オレンジもピスタチオも置いてないからスルーしかけたのだけど、どうやら歴史あるチョコレート屋さんだそうという事が分かり二回目にて購入。
そして買うとなったら自分の好み変わったものをつい選んでしまう性。。。

素敵な景色のポストカードが着いてきました。


手包み感あふれる包装がなんかオシャレ!


コイン型チョコが縦に2枚づつ6個に区切られる。


直径は28mm、厚みは6mmと言ったところ。厚めのコインだね。


コインチョコのバリがあるのがイタリアン(笑)

初めの香りはカカオの香りに混じってハーブの様な風味。そこまでバジルてほどでも無いなぁ…
と思いきや食べてみると香りよりも強いバジルの風味!
バジル風味≒食事と思ってるから一瞬不思議な味覚の錯覚が発生するね。
中にフィリングでも入ってそうな厚さと思いきや、シンプルにチョコのみなのでチョコレート自体にバジルは練り込まれてるみたい。

これがまたカカオの効いた甘すぎないダークチョコなので、そこまでバジルに違和感がないね。単に慣れただけとも…(笑)
最後の方には慣れて美味しく頂ける、面白いチョコでした◎


そんなIngredients.

カカオ何%かは分からなかった。。。



さてそんな面白いチョコレートを作る会社の公式HPはこちら
⇒Romeo Viganotti 伊語だよー
だけどGoogleのページ翻訳に対応!日本語だって変換できます。
創業は1866年、今もオーナーが変わっても古い金型やレシピまで引き継がれているこだわりの老舗チョコレート店。
( Romeo Viganotti やRoberto Pastorinoから1999年からのオーナーAlessandro Boccardoまで)

そもそもはショコラティエであるDomenico氏が1866年に創業、たくさんいる子供のうちの一人の名前がRomeoだったそうで、またその子供らが引き継いで…と事細かな歴史まで載ってました。けどややこしいから略(笑)

HPをみて気になったのは、こちらのチョコレート屋さんのスペシャリテが『ボーア人(boero)』となってて??
リキュール漬けのサクランボをチョコレートで包んだものみたいだけどボエロ…


てふと思い出したけど、イタリアのチョコ屋さんボドラート⇒過去記事にも『ボエロ』があったよ!
いやリキュール入りチョコ得意でないから言及しなかったんだけど(・・;
調べてみたらイタリア語で、『リキュール漬けサクランボ入りチョコ』の事をボエロと呼ぶみたい。
また新たなお菓子トリビアが増えた。。。(笑)










一番好きなパスタはジェノベーゼ>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : チョコレート 輸入菓子

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク