スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーナッツ最中・ピーナッツ饅頭:なごみの米屋


千葉県のお菓子
1個 108円 購入場所:キオスク(多分)


Dズニ帰りに寄り道

いや寄り道は東京だったので、寄り道ですらない千葉県何処かの駅(あやふやw)で千葉県らしきお菓子を発見したので思わず購入。
あとパッケージがめっちゃ可愛かったのも決めて(笑)


ぴーなっつ最中

持ち帰りに失敗して表面がボロボロになってしまったので、改めて綺麗な裏面を撮影してみた。


まさしくピーナッツ

表面にほんのり苦味のある最中を食べてみたら、想像以上のたっっっぷりの餡子にびっくり。
かなり柔らかめの白あんベースの餡子の中には、甘く煮られたピーナッツの粒が点在してて、もっとピーナッツらしさを期待していた自分としては拍子抜け。
ピーナッツ甘露煮入りということで加賀てまり⇒過去記事(石川県のお菓子)ほどのナッツ感を期待してしまったのが自分のミスかな。
塩味風味は一切ないので、自分が慣れ親しんだいわゆるアメリカンピーナッツバターともまた風味が違う、和風でしっとり落ち着いたピーナッツ菓子でした。

そんなIngredients.



お次は
ぴーなっつ饅頭

こちらは最中の餡よりもしっかり硬めで、ザ・饅頭なんだけどこちらもかなりの薄皮で中身がたくさん!
こちらも白あんベースの中にはピーナッツの甘露煮入りと構成は同じっぽいんだけど、固めで噛む回数が多い分ピーナッツの風味がしっかりしてきて成る程ピーナッツ饅頭。
どちらも白あん+ピーナッツ甘露煮を包むという構成だったのに、この違いは面白いね。

そんなIngredients.


見た目も可愛いしなかなか無い食材の和菓子だと思うので、お土産なんかにオススメ。

そんなかわいらしいお菓子を作る会社の公式HPはこちら
⇒なごみの米屋
読み方は『こめや』でなく『よねや』。
会社概要を見ると元々は成田山の参道にあった羊羹を売るお店から発展して行ったらしく、創業は明治32年。西暦1899年と百年以上の老舗!
しかも室町中期、成田山のお不動さんが荒れ果てた際に、自分の屋敷に迎えた名主が創業者の遠祖であるってんだからもうね。

というわけでメインは羊羹らしいのだけども、洋風菓子まで取り揃えはある想像より歴史溢れる会社でした。
成田羊羹資料館なんて施設も自社で持ってるから驚き。お菓子好きと博物館好きとしてはめっちゃ見に行きたい。。。

ちなみにぴーなっつ饅頭と最中の箱売りは、箱までもがピーナッツ型でとても可愛い。
そしてパッケージには密かに『四つ葉のクローバーを持ってるver.』なんてのがあるみたいでかわえええ。




↓楽天にも公式通販有り

千葉めぐり2種 12個詰 P01Jul16
価格:1620円(税込、送料別)



なごみ菓撰21個詰A
価格:2883円(税込、送料別)





歴史とツボを兼ね添える>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

tag : 餡子系

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。