ホワイトチョコレートピスタチオバー:アスキノジーチョコレート /White + Pistachio : ASKINOSIE Chocolate


アメリカのチョコレート アメリカ
85g 1700円位 購入場所:阪急チョコレート博覧会


ゴートミルクパウダー??

こちらはデジタルカタログの時から狙っていた(笑)ホワイト×ピスタチオ。
しかし『山羊ミルクを使用』との説明に、山羊乳のフレッシュチーズだけが苦手な自分は少しドキドキ(・・;)それ以外ならフレッシュチーズもブルーチーズもウォッシュチーズもハードチーズも好きなのだけど。。。



透光性のある紙で出来た封筒っぽい包み紙がお洒落。


紙袋だからか割れていた。。。
色は普通のホワイトチョコレートよりも、すこーし灰色がかってるね。


若干アイボリーなお皿の上でも、更にくすんだ様なホワイトチョコ色。
香りの時点で少し癖のあるミルク風味。


厚みは約6mmと食べ応えあり。
口に入れた瞬間に分かる、独特な風味・これが…山羊ミルクか…!
独特の風味は強いけど、食べてみるとホワイトチョコ自体の口どけは滑らかで、甘さも強すぎずに食べやすい味。

時々混ざるピスタチオの食感と風味が良いアクセントに!、
ピスタチオ自体にはほんのり塩味もあり、溢れた豆のみを食べてみるとしっかりピスタチオの旨味があってなかなか美味しい
ピスタチオがもっと乾燥してて香ばしかったら更に自分好みかな。

ゴートミルクパウダーに慣れてしまうと、この独特の癖が面白くてついつい食べてしまうね。この野趣あふれるミルクの風味が、ピスタチオの風味と相まって不思議な印象!

美味しさで言えばアメディとはまた別の方向性だけど、こんな面白いチョコレート、ピスタチオ好きなら食べて損はないと思う。
そんなIngredients.



さてそんな変わり種チョコレートを作る会社の日本語公式HPがあったのでご紹介
⇒アスキノジーチョコレート 日本語だよ
アメリカはミズーリ州にある、ショーン・アスキノジー氏が創業したBean To Barのチョコレート会社。
カカオ農園の管理から製造出荷まで一貫して行うこだりの家族経営会社。
SHAWN ASKINOSIEにて、創業者の詳しい来歴動画が見れます。日本に住み日本の大学に通っていた事もあり、動画にも日本語字幕あり。
それによると元々は刑事事件専門弁護士だったのをチョコレート生産者への華麗なる転職、人との繋がりを重視しカカオの生産者との信頼関係の大切さなどを、一独立企業としての誇りある姿勢のあり方が伺えました。
要約→割と圧倒されるので見て損はないよ!

動画では成功者としてのお話だったけど、カカオなどにこだわってるあたりチョコレート愛は大前提なんだろうなぁ。

ついでに本家公式HPもご紹介
⇒Askinosie Chocolate 英語だよー
こちらにもトップページにて、南部の音楽っぽいのが流れる製造過程動画があり。
Chocolate Makikgの所に文字でも各シーンの説明がなされてます。

そして商品情報を見ると、自分が頂いたピスタチオはカカオバターが34%、フィリピンのDavaoから採れたトリニタリオ種カカオから使用。
ホワイトチョコレートでもBean To Barを謳うって結構すごいかも。
味註釈(TASTING NOTE)では…カリカリ食感、甘さの中に柔らかな塩味、デカダンス、柑橘風味。
デカダンス風味とは一体…山羊ミルクパウダーの事かな?w
ちなみにカカオ豆生産地のフィリピンのDavaoについても説明があるので興味のある方は読んでみては。






ピスタチオしか買わなかったりするけど、いつも後で公式HPとか見てカカオ豆使ったの買えば良かったとか思う(笑)>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク