ソルト&ペッパーチョコレート /オリーブ&シンクレア Olive & Sinclair


アメリカのチョコレート アメリカ
80g 1500円くらい 購入場所:ディーン&デルーカ


雰囲気あるアメリカンチョコレート



大体ボンボンやオランジェットを食べきって、あとはタブレット祭を残すのみかな?幾つか買い足したけど。。。
今回タブレットを買ったのはほとんど”阪急チョコレート博覧会”なのだけど、お洒落な輸入食料品店(個人の感覚)ディーン&デルーカでもバレンタインフェアをやっていて、見た事ないチョコレート( ´ ▽ ` )ノあったので思わず購入。

パッケージが古き良きアメリカ?というかレトロ可愛い感じで良いね。
アメリカンなチョコなので最近手に入れたアメリカンなお皿に乗せてみる(笑)


タブレット自体の模様もお洒落だ!厚みは5mmと食べ応えあり。ぱきっと割れてツヤのある質感。


裏には塩胡椒でみごとにザラザラなのに、表の優雅な対比が面白い。


ハイカカオの渋い香り。

真っ先に舌に触る塩味と、少しざらりとしたダークチョコは酸味もありつつ渋みもあり。
想像してたペッパー的辛さはほとんど無いけど、カカオの香りににほんのりスパイスの風味が混じってて面白い!

後味はハイカカオのスモーキーな風味。
カカオや素材の風味が強く、味が濃いのでじっくり食べて行きたいチョコでした。


そんなIngredients.



さて初めて聞いたチョコレート会社の公式HPはこちら
⇒Olive & Sinclair Chocolate CO. 英語だよー
ABOUT Olive & Sinclairより
オリーブ&シンクレアは、テネシー州初のBean To Barチョコレートのお店。スロー加熱と石臼挽きが特徴のこのお店の創業は2007年で、Southern Artisan Chocolateを掲げた製品を販売し始めたのは2009年。
コンセプトは1900年代から穀物を引いていた石臼を使用し、天然のサトウキビを添加する事で力強い風味と柔らかな甘みを持つ、『南部の職人が作るチョコレート』。
お店はナッシュビルの東、1890年に建てられた元食料品店にあるみたい。

BUYを見ると、各種カカオ濃度のチョコレートからシナモンチリにコーヒー、バターミルクホワイトチョコレートなんてのまであって気になる。。。
ロゴTやキャップ、ガラス瓶まである所がなんかアメリカ(笑)
ちなみにこちらのソルト&ペッパーチョコは、カカオ67%とのこと。だいぶ苦味の方が強い印象だったけど67%とは。。。

MEET YOUR MAKERでは創始者であるScott Witherow氏とその仲間たちの写真と略歴があったり。その謎のつけひげは一体…?
写真はふざけてるけど、創始者自体はテネシー州大で学んだあとにル・コルドンブルーのロンドン校卒業。ナッシュビルやアメリカ国内、時にはイギリスにてレストランや食品会社で働いていたという食品畑の方。
この”Southern Artisan Chocolate”のコンセプトが思いついた2007年時は、手で焙煎、ソーセージ挽肉器やヘヤドライヤーで各カカオ豆の工程をこなすという努力の跡も。
2009年に工場が出来たけどLEARNにあった動画を見る限り、少数精鋭なハンドメイド感。パッケージだって手作業でした。

アメリカはハーシーとかキャドバリーとか巨大企業が強いイメージだけど、探すとこれだけマニアック(笑)なチョコレート会社もある所が素敵だなぁ。


こちらもD&Dで売ってて気になってたチョコレート




逆にシンプルなカカオのみのチョコも気になる>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ
Related Entries

Topic : スイーツ
Genre : Gourmet

tag : 輸入菓子 チョコレート

Post a comment

Private comment

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク