FC2ブログ

エスプレッソ:ファイン&ロー /ESPRESSO : FINE & RAW Chocolate


アメリカのお菓子 アメリカ
28g 950円 購入場所:阪急百貨店チョコレート博覧会


名前だけは知ってたファイン&ロー


たまにレアなチョコレートを見かける時に『ローチョコレート』と言うカテゴリがあるのを知りまして。
ローチョコレートとは、『”非加熱”チョコレート』の意味で、低温で製造するためカカオにビタミンやミネラルと言った栄養素が残った、ローフード的なチョコレートの事らしい。

そこまで健康思考でもない自分としては(笑)、機会があったら試してみたいなと言う程度の興味だったけど、エスプレッソ味と言う自分の好みど真ん中を発見したので思わず購入!


手工業っぽいパッケージング。


裏側はコーヒー豆がごろごろ


表面は艶やかで美しい!表面の模様も優雅な感じ。。。


パキッと綺麗に割れて、良いダークチョコの予感。。。

舌触りと口溶けは若干ザラザラで、これがローチョコ?更にコーヒー豆のニブが点在しているザリザリした食感。
多分カカオ70%以上で酸味もあるハイカカオチョコに、珈琲豆のフレーバーが更に苦味を強めてる感じ。
いわゆるダークチョコとは少し違う酸味も感じるような…。珈琲豆だけでない、チョコレート自体の風味がかなり独特!
最初は少し癖があるなぁと思ったのだけど、食べてくうちにカカオのフレーバフルな所がなかなか他のチョコには無くて美味しく味わえました◎

甘さも控えめで、カカオの力を全面に押し出したような大人向けチョコレートでした。
強く残るスモーキーな後味は珈琲豆?カカオ?

そんなIngredients.

材料がシンプル過ぎる。。。


さてそんな、チョコレート自体が変わり種なチョコを作る会社の公式HPはこちら⇒FINE & RAW Chocolate 英語だよー

usより
ブルックリンはウィリアムズバーグにて、ダニエル・スクラー氏によって作られたチョコで、始めは友人と分け合い、それから地元のバイヤーに自転車でデリバリーする様になり、更に人気に拍車がかかったみたい。

使う材料は全て有機農法にこだわり、パッケージに関してもリサイクル紙なおかつ、使用インクも植物性由来で非化学物質というこだわり様。
カーボンフットプリントやフェアトレードまでは出来ない物の、エネルギー効率の良いライトを使うなど常に環境を意識しているという姿勢が素晴らしいね。

同じくusの所にダニエル・スクラー氏(そう聞こえるw)の3分程度のインタビュー兼工房動画があるのが面白い。なかなか雰囲気があるし、カカオ豆の音が耳に楽しい。。。
blogは2013年の12月で止まってるけど、pressでは各メディアに取り上げられた記事リンクがあったりします。

ちなみに『ローフード』の定義としては、118℉...48℃を超えないことが基本らしい。


自分の好みど真ん中では無いのだけど、こだわりの詰まった変わった風味のチョコレートが食べられて良かった!
今度は『ローチョコレート』をしかと味わう為に何も入ってないタイプも試してみたいなぁ。







パッケージはアーティスティックですごく好み>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート チョコレート博覧会

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter
ちらっとインスタもやってます⇒⇒Instagram

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








リンク
菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 飲料 西友 アイス ナッツ せんべい・おかき ウェハース ピスタチオ  オランジェット チョコレート博覧会 ハリボ パンケーキ ジュピター福袋 ヌガー 和菓子 氷菓 冷菓 D&D福袋 スプレッド マカロン 米菓 カヌレ ファッジ 

検索フォーム