ショコラティエ食べ比べセット



アイスかホットの珈琲か紅茶付きで900円
大丸京都店 特設会場
『アムール・ドゥ・ショコラ』開催期間限定


やっとショコラ祭2月の記事に突入…

もう半年以上前だよ!相変わらず筆が遅くて申し訳ないorz
でも大丸京都店では毎年見かける気がする(割に平日とか結構空いてる)穴場なので、気になる方は半年後をお楽しみに◎
ちなみに今回で三回目。一回目⇒過去記事 二回目⇒過去記事ちなみに食べ比べセットとは、ショーウィンドウの中から好きなお店のショコラを5つ選んで、その場で食べれるドリンク付きセットです。
その日に出てるショコラは日替わりだったりする。


18・プラリネ シトロン:ピエール マルコリーニ
”ミルクチョコレートの中に、レモンで香り付けしたアーモンドプラリネ”(説明)
レモンの香り付けどころか、酸味と風味が凝縮されたさわやかなトリュフ!なのに中身はプラリネと言う不思議な感じ。素材の風味が素晴らしく美味しかったー!


13・カプチーノ:クァウテモック
しっかりコーヒーの香り!そしてエアイン程ではないけど、軽くとろける食感のガナッシュが美味しい。甘さはしっかりめ。
しかし、味の説明帳には『クリームモカ』て書いてあったのだけど、後から検索してみるとやっぱりこれは『カプチーノ』ぽいので、カプチーノ表記してみる。説明もクリームモカの説明の様なので略。
しかし『クァウ"モテ"ック』て名前まで間違っているあたり。。。



クロカンティーヌ:ル コルドンブルー
"アーモンドプラリネにローストアーモンドを散りばめ、ミルクチョコレートでコーティング"
ナッツとキャラメルのフレーバーがふんわり。見た目より中身のフィリングが多く、ナッツのカリカリ食感はアクセント程度。



トリュフ:レーヴ ドゥ ビジュウ
”あっさりした甘さと、とろけるような口どけの良さをお楽しみください”
大き目なのが嬉しいね。甘いミルクチョコレートのフレーバーが口一杯に広がる感じ。癖もなくたべやすくて美味しかった。


ドミニク アンセル:ノイハウス
”香ばしいローストピーナッツのガナッシュとキャラメルをミルクチョコでコーティング”
ミルクチョコレートの中に二層の柔らかいガナッシュが!それぞれピーナッツ色とキャラメル色のフィリングが、滑らかで柔らかく(でも仄かに粒あり)美味しい。後味良いしこれ好きだなぁ。。。



ちなみに初日に行ったから?ピエールマルコリーニのショコラを食べれたけども、今迄行ったことある期間後期だとあまりお目にかかれたことが無いので、どのショコラに会えるかはホントに運次第かも。

なかなか試しに買うにも勇気のいるお値段なショコラ、ここで一度食べてみてからお気に入りのお店を探すなんてのも良いと思う。
特設会場の一角なので、落ち着いて休憩、て雰囲気でも無いけど…自分が行く日では混んでる気配を見たことが無いので本当に穴場かも。(とか言って来年混んだらどうしよう)(このブログにそんな影響力は無い・笑)



さてはて自分が頂いたそんな5つのショコラティエをご紹介。(一回目と二回目より進歩した)
『ピエール マルコリーニ』 ベルギー 日本語公式HPはこちら⇒PIERRE MARCOLINI
言わずと知れた、日本にもあちこち店舗のある超有名ショコラティエ。(大阪には無かった)
1964年生まれのベルギーを代表するショコラティエであるピエールマルコリーニ氏は、カカオの買付や選別、焙煎や精錬まで自ら行うこだわりの職人。
クーベルチュールチョコ(製菓用チョコ)を何種もカカオごとに分けて、販売するそれらは『ブリュッセルの宝物』と呼ばれてるんだとか。。。
今回頂いたのは、カカオと言うより総合さを味わうトリュフだったけど、やっぱり味のインパクトが素晴らしかったよ。。。


『クァウテモック』 ベルギー 日本語公式HPはこちら⇒ダスカジャパン
こちらベルギー4大チョコブランド『ダスカリデス』の輸入代理店、ダスカジャパンが手掛ける、ベルギーショコラの日本向けブランド。(ややこしい)
つまりクァウテモックと言うショコラティエは無いわけだけど、ベルギーで作られているのは確かであって。。。
どんな会社かなどは個人的には知りたい所だけどなー。


『ル コルドン ブルー』 公式日本語HPはこちら⇒ル コルドン ブルー
1895年にパリで設立されたフランス製菓料理学校。日本では代官山と神戸にその学校があります。料理を教え続けて110年以上ってのがなんかすごい。
そんな有名な料理学校ゆえに、ル・コルドン・ブルーの名を冠した雑貨やお菓子なども売ってたりします。成城石井なんかでも黄色青いリボンが特徴的なクッキーはよく見かけるんだけど、ショコラは該当時期でしたあんまり見ないかも。


『レーヴ ドゥ ビジュー』 ベルギー 日本語公式HPはこちら⇒レーヴ ドゥ ビジュー Facebookだよ
『宝石の夢』と言う名のこのお店、バイヤーが本場ベルギーを巡り日本未発表の美味しいショコラを紹介すると言うセレクトショップ。日本でも二週間の期間でしか活動していないみたいで、レア度は抜群。
だから…どこのショコラティエだか知りたいんだけど(・・;)ベルギーは美味しいショコラが多過ぎて逐一情報載せてたら収拾がつかなくなるのかも知れないね。


『ノイハウス』 ベルギー 日本語公式HPはこちら⇒ノイハウス
こちらは銀座にもお店があるベルギーのショコラティエ。スイス人薬剤師の、ジャン・ノイハウス氏が1857年に創業した150年を越える老舗で、ベルギー王室御用達にまでなってるんだとか。
1912年には三代目がプラリネを誕生させたり、新たなチョコの包装を考えたりと歴史と活動が深い。
多分日本での知名度はそこまで無いんだけど、トリュフだけでなくタブレットやココア、ビスキュイとかスプレッドまで日本で買えることに驚き。
ちょっと一度お邪魔したくなってきました。



とまぁ今回も結局ベルギー無双でした(笑)
いや、日本のショコラティエのも出てるんだけど、どうせ食べるなら普段あまり見ないものを・・・となり、最終的にベルギー。全部から選ぶのは無理だけど、説明表見る限り期間中は67種類用意してあるみたいなので(当時)、気になる方は覗いてみてはいかがかな?








三回目にして食べれて良かったピエールマルコリーニ>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ
Related Entries

Topic : スイーツ
Genre : Gourmet

tag : チョコレート サロン・デュ・ショコラ

Post a comment

Private comment

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク