Food Holidays ~今日は何の日?2/8~2/14

なんとか続いてみました、今日は何の日?食べ物編

すぐに自分の知りたい日を探したい方はこちらへ⇒American Food Holidays 英語だよー


2月8日: Molasses Bar Day
モラセス バー ディ

モラセスとはいわゆる糖蜜(廃糖蜜?)の事。詳しい日本語説明はこちらのwikiが分かりやすいかも⇒糖蜜 wiki

元々はポルトガル語でmelaço…Latin mel(Honey蜂蜜)の意味として来たのが、1582年出版の本に初めてmolassesと言う名前で出たそうな。
でも第一次世界大戦までのアメリカでは、砂糖がわりの安価な甘味料として良く使われていたとか。
詳しい歴史はこちらに⇒Molasses History 英語だよー

モラセスバーとはそのモラセスを使ったバータイプの焼き菓子の事らしい。
こちらも家庭の味と言うのか、レーズン入りやチョコチップ入り、スパイス入りやコーヒー入りとバリエーション沢山。アメリカのお袋の味(南部?)とも呼ばれてたりしてるけども、日本じゃあまり見かけないのが残念。。。あっても工業用とかね。



2月9日: National Bagels and Lox Day
ナショナル ベーグル アンド ロックス ディ

初めて聞いたロックス…と思い調べてみると、加工処理された(冷燻)鮭の切り身の事を言うらしい。
そう言えば、ベーグルメニューには”サーモンとクリームチーズ”なんてものをよく見かけるけども、名前があるとは知らなかった!
ちなみにベーグルは400年以上ユダヤで食べられて来たのだけど、アメリカに来てからはこのベーグルアンドロックスが主流みたい?⇒Jewish Cooking

おかず系ベーグルと言えばハムかサーモンと言った所だけど、どちらも挟みやすいのと色が綺麗なのが受けたのかなぁとか思ったり。

そしてもうひとつ
2月9日: Pizza Pie Day
ピザ パイ ディ

ピザパイとは、ピザの具を生地でパイ状にしたもの…もあるけれどいわゆる普通のピザの事もピザパイと呼ばれたりしてるらしい。
そもそもは『ピザ』が『パイ』の意味をなしてるらしいし。。。
でもパイ生地でおかずを包んだ物も美味しそうだったけど。



2月10日: Cream Cheese Brownie Day
クリーム チーズ ブラウニー ディ

普通のブラウニーではなくクリームチーズって所がポイントなんだね!
と言っても、ブラウニーにマーブル模様が入っているものや、クリームチーズフィリングと二段になって焼かれているもの、ブラウニーでクリームチーズフィリングを挟んだもの…etcなどなど、様々。
日本でよく売ってるブラウニーと言えば大概入れてもナッツ位だけど、ブラウニーを産んだアメリカではチョコのフロスティング乗せたりクリームチーズ乗せたり、ミントクリーム入れたりm&m乗せたりとやりたい放題(笑)

でもチーズケーキだと、チョコレートチーズケーキなんて物は日本でもメジャーだったりするから、その逆バージョンだと思えば良いのかな?



2月11日: Peppermint Patty Day
ペパーミント パティ ディ

スヌーピーにそんなキャラが居たような。。。とか思って検索したらやっぱりそのキャラが沢山出てきたw
どうやら『Peppermint Patties』とも書くこのお菓子、ペパーミントフィリングをダークチョコレートで包んだ物だとか。
有名なのは1940年にヨークコーン社(現ハーシー社)で発売された『York Peppermint Patties』みたい。
⇒York Peppermint Patties wiki

それ以前にもペパーミントをチョコで包んだ物は売ってたみたいだけど、固くカリッとしたのが特徴だとかで。名前の響きが良いのもあったのかもとか思ったり(笑)
ちなみにチャーリーブラウンの作者自身がインタビューで、「新しいキャラクターを考える時にテーブルのお皿にあったキャンディを見つけた」言ってたので、この商品由来だと思われ。

そしてもうひとつ
2月11日: Don't Cry Over Spilled Milk Day
ドント クライ オーバー スピルド ミルク ディ
もう食べ物の名前ですらない?!
元々『Don't Cry Over Spilled Milk 』とは、ミルクを零して、泣いてもどうしようも無いと言う、『覆水盆に返らず』のような諺なんだとか。
それに一味足して、”half of milk”のポジティブ・ネガティブ判断にもかけてあるらしい。
コップにミルクが半分入っている。それを「まだ半分もある」と思うか「もう半分しか無い」と思うか、人の気持ちの持ちようでどうにでもなると言う例え話に良く出されるテーマ。

覆水盆に返らず、済んだことを悔やんでないで、気持ちをポジティブに向けて行こう。。。と言うのがこの日の意味らしいです。
食べ物関係ないけどなんかいいね、ポジティブになる日。



2月12日: National Plum Pudding Day
ナショナル プラム プディング ディ

プラムとはスモモのこと。だからスモモののプディング…と思いきや、いわゆる『クリスマスプディング』にプラムが良く使われる事もあって、そう呼ばれているらしい。12/25では無いんだな。。。
⇒クリスマスプディング wiki

プラムを使用しなくてもプラムプディングと呼んでいたらしいけど、17世紀にはレーズンやプルーンなんかもまとめて”プラム”と呼ばれる事があったらしいのでプラムプディングだとか。
でもクリスマス時期にのみ作られる様になってからは主に『クリスマスプディング』。
その他詳しい言葉の成り立ち⇒Plum Pudding
でもプラムプディングの歴史について書かれたHPはあれども、何故2月12日かは分からず「知ってたらメールして!」とまで書かれてました(・・;)
個人的には、クリスマスプディングは一年がかりで仕込むこともあるみたいなので、それを作り始める日なのかなぁと思ったり。。。誰か知ってたらメールして!(笑)



2月13日: National Tortellini Day
ナショナル トルテリーニ ディ

トルテリーニとは、詰め物入りの小さなパスタの事。たまに輸入食品屋で見かけて一度買ったこともあったり。
ちゃんと日本語wikiもありました⇒トルテリーニwiki

こちらにも神話が載ってるけど、リンクを貼ってるフードカレンダーの神話説明では、「鍵穴からヴィーナスを覗き見した料理人、そのおへそしか見れなかったけど魅了され、おへそ型のパスタを作った」と書いてあった。神話としてはこっちの方がオチが付いてて良いね(笑)

味としては中身に具が入ってるので、ソースやクリームと和えたりスープに入れたりと色々使い勝手良いし好きだなぁ。ただ手作りするとすごく時間かかりそう。。。



2月14日: National Creme-Filled Chocolates Day
ナショナル クリームーフィルド
チョコレート ディ

やっぱりバレンタインはチョコだよね!(笑)
中身入りのチョコは色々あれど、これはその中でもクリーム分が多いボンボンの事を言うみたい。
中身はホイップされたクリームから、フレーバー付きのフィリングまで様々。
日本もかなりフィーバーするこの時期だけど、アメリカでもハート形の箱に色々フレーバーのチョコの詰め合わせが入った物をプレゼントするのが主流みたい。
ちなみにアメリカでは16億ドルもバレンタインのお菓子に使われるとか。

映画フォレスト・ガンプの名台詞、「Life is like a box of chocolates…」「人生はチョコレートの箱のような物」
食べてみるまで中身は分からない、だからやれるだけトライしてみよう。と続くこのチョコレートの箱の中身は、きっと様々な味のCreme-Filled Chocolates なのかも知れない。


Happy Birthdays!!>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ
Related Entries

Topic : 雑学・情報
Genre : Study/Culture/Art

Post a comment

Private comment

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク