リンドール 5フレーバーアソート:リンツ /Lindor Truffles : Lindt

1302082 009

スイスのお菓子 スイス
600g 1200円位 50粒入 購入場所:コストコ


原産国はアメリカ。アメリカ


コストコという存在を知らなかった時代に、実は通販した事ありますw
なんてったって1粒100円弱というリンドールがこの値段、通販で送料かかっても
スイス製よりは安いという。。。

1302082 008
600gはこんな感じ。多少の差異はあるけど平均的にいろんな種類が入ってて嬉しい。
でも一番多いのは赤のミルクかな。

ミルク 1302082 007
甘さの強い、まろやかな風味のミルクチョコ、に柔らかいフィリングチョコ入り。
安定の美味しさ。

ダーク 1302082 006
周りのカカオが強くなってて、ビターめの味が中のフィリングともマッチしてて良い!

エキストラダーク 1302082 005
ダークよりも甘さ控えめで食べやすい、そしてカカオの酸味がわかるくらいの高カカオ感
が美味しい。

ピーナッツバター1302082 003
中のフィリングがしっかり塩味効いててまさにピーナッツバター!ただ、リンツ的には異色かな?
でもチョコ&ピーナツバターのリーセス過去記事よりもかなり上品めな味。

ホワイト1302082 004
ホワイトの滑らかな甘みと口どけがマッチしてて美味しい!


総合的に全部美味しい!!(知ってた)
エキストラダークピーナッツバターに関しては癖が苦手な人も要るかも?だけどね。

そしてリンツは中のフィリングの状態によって美味しさが段違いで変わると思うんだ。。。
外側を溶かしきることなく、中のフィリングだけとろけさせたくレンジで暖めたり
とか試行錯誤したけども、結局は
ポケットの中に入れて20~30分放置、指で押して少し凹むくらい柔らかくなったら食べごろ
が一番手軽で加熱しすぎる事無いという結論に至りました。(3月初旬の時期)

リンツの公式HPは以前紹介したので省略。


さてこれはアメリカが原産国なので、本家スイス産リンツと味が違うのかちょっと比べてみた。
1302082 027
スイスのお菓子 スイス
36g 3粒入 297円 購入場所:ジュピター

1302082 026
左 スイス産 スイス           右 アメリカ産 アメリカ
若干スイス産の方が色が淡い?

1302082 025
若干スイス産のほうが詰まり具合が良いかも。
そして食べ比べるとわかるんだけど、基本的にどちらも口どけは良いんだけど、
滑らかさが違う・・・舌の上に乗ったときのとろけ具合が違う!
あとちょっとミルクの風味も違うね。これは材料の違いかなぁ。

基本的な構造は同じだからどちらも美味しいし、段違いに違うって訳でも無い
(と自分は思った)ので、アメリカ産のほうがコスパはダントツにいいんじゃないかな。

でも大量にありすぎるとうっかり食べ過ぎてしまう恐れがあるので;(自分)
状況に応じて使い分けると良いと思います。

でもリンドールがこれだけ大量にあるって幸せ!







健康のためにはコストコが近くに無くて良かったのかも・・・>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ
Related Entries

Topic : スイーツ
Genre : Gourmet

tag : チョコレート リンツ 輸入菓子

Post a comment

Private comment

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク