ツイストボックス:ラウシュ /Chocolate Collection : Rausch

1302082 029

ドイツのお菓子 ドイツ
107g 16個入り 525円 購入場所:カルディ


地球儀模様の箱が良い!


ラウシュ自体はその昔、産地別カカオのスティックチョコがお手ごろな値段で
田舎の地元スーパーに売っていたんでちょくちょく食べていたんだけども、
最近みなくなった・・・。

そんな中でカルディにてバレンタイン時期のせいか箱が可愛いセットを
発見したので思わず購入。


1302082 028
こんな感じで開くよー。

1302082 027
四味×四個の合計16個入り。

1302082 014
四種類の産地別カカオなチョコを味わえます。




1302082 015
まずはMADANGA
箱の横の説明には、
”カカオ39%・このカカオはマダガスカルのマダンガからやってきました。
そのカカオ農園はマダガスカルの北部で到達が難しい場所です。北部は豊かな土壌を持ち、
水辺も近く高湿。カカオの生育に適した環境です。マダガスカルの豊かな香りの
カカオは、独特の果物風味と酸味があります”

口に入れたときの風味が強い!香りが少し不思議・・・?若干スパイシーなような。
ミルクの力も効いててなめらかな中に確かにユニークな風味のあるチョコでした。

1302082 016
次にAMACADO
”カカオ60%・このカカオはペルーのアマカド農場から来ています。ペルーのカカオの木は、
アンデスの渓谷で育ち、北はアマゾンから南はリオにのアプリマック川まで広がります。
私たちはアマゾン域のアマカド農場からのカカオを使用しています。このカカオは巧みで、
どこかピリッとした風味を感じさせます”

カカオの力強さを感じるダークチョコ。酸味がしっかりしててあまり重くない60%。


1302082 017
そしてNOUMEA
"カカオ35%・このカカオはパプアニューギニアのヌメア農園からやってきました。
ニューギニアの諸島では優れたカカオが育ち、それは異国のフルーティな味がします。"

マイルドかつミルキーな感じの、蜂蜜のようなまったり甘い雰囲気のチョコでした。

1302082 018
最後はPUERTO CABELLO
”カカオ43%・このカカオはベネズエラのプエルト・カベロ農園から来ました。
私たちはベネズエラのBarlovento地域のカカオを使用します、そこではカカオが
良く育つのです。そのカカオはまろやかな風味をもたらし、私たちの作る
プエルト・カベロ農園のチョコに適しています。”

甘さもしっかりあるけど、ヌメアよりあっさりめ。45%だけど、カカオがきいてる
というよりミルク感のあるチョコ。



と、ただのシロウトがうだうだ考えながら食べてみたけど、あってるかどうかは不明;
(味覚どころか翻訳も間違ってたらすみません;;;)
自分が一番好きだったのは『マダンガ』かなぁ・・・仄かな風味がちょっと癖になる。
これを磨いていけば自分の好きな産地のカカオを発見する事が出来るのかも?!

カカオの産地別食べ比べとか言うと敷居が高く感じるし、自分の舌にめげそうにもなってたけど、
最近は全部理解しようとせずに、「あ、コレ好きだな」って思えるのが見つかったらもうけもの
という感じで食べていけたらなあと思っています。
お菓子は美味しい・楽しいが基本ですから!


そんな、堅苦しくないチョコ好きの味方ラウシュの公式HPはこちら⇒Rausch 英語だよー
いきなりトップページに『親愛なるカカオ目利きへ』ってあってびびったw
1918年から良質な香りのカカオからチョコを作ってきたとか。
自分たちのカカオ農園は世界で一番と自負してるのも思い切りが良くていいね!
そして単一カカオからチョコを作るのにこだわっているらしい・・・。
カカオが持つ多様性のある独特な風味を大事にしたいからとか。

そもそも普通のチョコは、幾つかのカカオの品種を混ぜるのが普通なんだね
という事に今更ながら気づく。コーヒーのシングルビーンみたいなものかな。
箱には四種しかなかったけど、HPには10種もの産地別カカオ製品があって気になる!

そしてトップページの動画にはカカオに命をかける男(たち)のショートムービーが。。。
ショコラティエのヤーゲン・ラウシュ氏と仲間たちが、カカオ豆の発酵
にまで携わってる所が見れます。

Historyによると菓子職人の息子でショコラティエのウィルヘルム・ラウシュ氏が
1918年のベルリンでチョコレート(とかジンジャーブレットとか)会社を立ち上げたのが始まり。
ベルリンの人に愛され会社も大きくなり、1971年にヤーゲン・ラウシュが家業に加わった10年後、
『チョコは人を幸せにする』をモットーに世界一のチョコの製造に着手。
1982年には二つ目の工場、チョコレートのカフェや博物館、
Rausch SchokoLand(ラウシュ・チョコランド)まで設立。
『良いチョコは良いカカオから』の方針でカカオとレシピを探求、2000年には
世界で一番のラウシュのカカオ農園チョコが出来上がりました らしい。

Chocolate primerでもカカオについての情報が載ってるし、
カカオが大好きな会社ラウシュ・・・なんか良いな。




ラウシュチョコレート・オクタゴン...

ラウシュチョコレート・オクタゴン...
価格:1,050円(税込、送料別)




10味食べ比べセットとか欲しいな>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : チョコレート 輸入菓子

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク