バタービスケット&ダークチョコレート: Les Delices de Paris


フランスのお菓子 フランス
148g 6個×2袋入り 238円 購入場所:業務スーパー

フランスの焼き菓子が買えるお店


で業務スーパーを挙げる人はそういないと思う。。。
東南アジア系のチープなスナックも取り扱っておりながら、ヨーロッパ系のチョコも取り揃えているというとても便利なお店です。
実は縁あって引っ越し4回くらいしてるのだけど、次も業務スーパーの範囲に住みたいなw


さて本題。

予想外の見た目。
いや確かに6個×2袋とは書いてあったけど、6×2という数字しか見てなかったらついつい日本式に2枚×6袋と思ってしまうよね?!



綺麗で艶やかなチョコレートと、裏はしっかり焼かれてるビスケット。
大きさはビスケットだけで6×4.3cm
チョコだと5.4×3.3cm
厚みはビスケットもチョコも外から見たら4mmの厚さ。

カルフールのチョコでよく見かける模様⇒過去記事と思いきや、カカオ豆模様なのが凝ってる(笑)


サクサクのビスケットの上にはビターだけど甘さもしっかりなチョコレートで、少しヘーゼルナッツのような癖のある?風味を感じるね。

真ん中の部分になるとビスケットが厚くなりチョコが薄いけど、チョコレートの味が濃くって満足感あるね!


そんなIngredients.



さてこちらもLes Delices de Parisブランド、今までにすでに2回ほど紹介してたしてっきり業務スーパーブランドと思いきや検索したら出て来たよ…!!
と言うわけで公式HPはこちら
⇒Les Delices de Paris 英語だよー

ただこれ、冷凍マドレーヌの時は同じロゴマークが付いてたけど別のHP(La Boulangerie des Gourme)が出て来たんだよなぁ。⇒過去記事

米国と仏国の連絡先が載ってるのと、La Boulangerie des Gourmeと今回の Les Delices de Parisの、連絡先が同じだったので、もしかしたら最近米国向け輸出商品ページとして出来たのかも知れないね。
詳しい歴史やOur Storyページもないし。

と言うことは以前分からなかったフランスのチョコタルト⇒過去記事も、ロゴマークが同じなので結局は同じメーカーと言う事で確定みたい。
商品紹介には相変わらずクッキー系載ってなかったけどね(笑)








数ヶ月ごしにスッキリした>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

スポンサーサイト

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 クッキー チョコレート

ルノートル /LENOTRE


フランスのチョコレート フランス
6粒入り 3000円くらい 購入場所:サロンデュショコラ


ピスタチオに惹かれて!


今年はそこまでがっつり買えなかったサロンデュショコラでのボンボンショコラ、こちらはカタログを見た時点で食べた事無いメーカー+ピスタチオで気になっていた所なのです。。。



6粒入りは2箱あって、6種味わえるけどピスタチオ一粒入りと、ピスタチオ2粒あるけど受賞作品三種類入りかなり悩んだ(笑)
散々迷った挙句初めての所だし色々食べれる方を選択。



全体的にシンプルで華美でない所が職人的?




ノワゼット
断面からすでに香ばしさが漂うね。
食感が凄くカリカリというか、むしろザクザクな雰囲気まである印象的なプラリネ。
ヘーゼルナッツの風味が上品にまとまってて、ミルクなのに甘すぎず、品の良いプラリネ。




マダガスカル
目立つわけじゃなく、うっすら花の模様がある所がオシャレwしかもきちんと側面まで模様があって笑った。
めちゃくちゃ口どけなめらかなガナッシュは、名前からしてマダガスカル産カカオなんだろうけど蜂蜜のようなのような風味も感じ取れるね。
酸味がそこまで強くなく、マイルドなガナッシュでした。




ショコラ・オ・レ&プラリネ
口どけ滑らかなミルクチョコのガナッシュと、ヘーゼルナッツ風味がふんだんにきいたザクザク系プラリネの組み合わせ。
食感のコントラストが楽しく、全体的にはミルキーにまとまってて美味しい




アマンド&フリュイ・セック
見た目から、そして切りごたえと断面がざっくざく!
食べてみると粗めのナッツと点在するキャラメル食感。
プラリネに塩味が効いてて、とにかく具沢山な勢い(笑)
サブレの風味と言われたら難しいけど、バターの風味はするのでまるで具沢山焼き菓子のようなプラリネでした。




フランボワーズ&べ・ドゥ・ミュティ
またでたミュティ胡椒!説明では”シトラスな風味な漂う山椒”とあり。

ビターチョコの中にはフルーティな酸味のガナッシュ。
ビターチョコの風味がしっかりしてて、ラズベリーも酸っぱ過ぎずに良い感じ。
少し変わった後味もあったので、それがミュティ胡椒…??




ピスターシュ・ドゥ・ブロンテ
ブロンテ産ピスタチオに期待!見た目の色は茶色いね。
シャリシャリ系のプラリネを食べたら、圧倒的な香ばしさとともにピスタチオの風味がじわじわ立ち上って来て美味しい
ビターチョコの苦味も良いアクセントに、香ばしいタイプのピスタチオチョコ。

うーんこれはピスタチオ2粒入りでもよかったかも…(笑)


さてそんなプラリネを作るお店のの公式HPはこちら
⇒LENOTRE 仏語だよー
フランスのHPにしては珍しくENで英語変換できます。
The World of LENOTRE→OUR STORYより
1947年にガストン・ルノートル氏がノルマンディにお店を開いたのが始まり。
1957年には奥さんと共にパリで店を構える様になったとか。その後ケータリングや料理学校などその活動は手広く渡るみたい。

凄さに関しては自分のチンケな翻訳よりもサロンデュショコラの日本語HPを見てもらった方がよく分かるよw
現在の筆頭ショコラティエはMOF2冠のギー・クレンザー氏との事。

通販も出来るみたいで商品ページ≒通販ページなんだけど値段に関しては見たくなかったかな…(笑)
でも老舗で名門のメゾンのショコラを日本で食せるのはとても良いね◎






来年はピスタチオ二個入りが欲しいな…!>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート

チェダー&オニオン :ブレッ /Brets


フランスのお菓子 フランス
125g 200円くらい


フランスのポテトチップス!

とはまた珍しい。。。
購入場所は詳しく覚えてないのだけど、滅多に行かないスーパーで特価だったような?そして中身写真を撮るの忘れたというやる気のなさ…色々ダメだorz


と言うわけで袋の後ろ面でも。

ポテトチップス自体はギザギザタイプで、香りはチーズ。
さくさくで香ばしく、食べてみたらチーズ味の後にじんわり玉ねぎ風味がやってきた。

風味が豊かだけど味が濃過ぎずに美味しい

意外とフランスのチップス系お菓子は紹介するのが初めてかも。
チーズのクセもなくて万人に受けそうなポテトチップスでした◎


そんなIngredients.


さてそんなポテトチップスを作る会社の公式HPは、パッケージの後ろにあったのでご紹介。
⇒Brets 仏語だよー
そして相変わらずの英語変換できない仕様。
Historiqueを翻訳して解読
アラン・グロン氏が1995年に従業員数16名年間800トンの生産量のポテトチップス工場を設立したのが始まり。
今では240~400名、2万トンの生産量でフランスのポテトチップスの1/3を担っているのだとか。

元々は1991年にアラン氏が農家と品種選択や栽培技術を提供して協力し、ジャガイモ産業を育てたのが始まり。
Bretonポテトのチップスを提供しようとAltho社が出来上がり、100%、Bretonポテトを使用したポテトチップスブランドがBrets…らしい。

Breton⇒Bret'sと考えると納得のブランド名。

などなど農業国家だけあって品種にこだわったポテトチップスブランドがあってもおかしくいのかも。
フランスといえばバターが美味しい≒焼き菓子美味しいイメージだったけど、ポテトチップスも言わずともがなだね!







フランスはなんでも美味しいイメージw>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 スナック

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ アイス せんべい・おかき ウェハース ピスタチオ  オランジェット チョコレート博覧会 ハリボ パンケーキ ジュピター福袋 ヌガー 和菓子 氷菓 冷菓 D&D福袋 スプレッド マカロン 米菓 カヌレ ファッジ 

検索フォーム
リンク