オレンジチョコレート:チョコレート&ラブ /Chocolate and Love


スイスのチョコレート スイス
40g 480円 購入場所:阪急チョコレート博覧会


オレンジとチョコは鉄板

さてはてしばらくタブレット祭りが始まる…のかな?もう春なのに笑。
チョコ×オレンジだけでも好きだけど、インターナショナルチョコレートアワード2013年のgreat taste二つ★マークがついてるのも購入の決め手。



パッケージの内側には、他にも15個の受賞歴有りとの記入が。
創始者のブリジット氏とリチャード氏の写真とともに、ブリジットさんが娘のソフィアちゃんを身ごもっている時のオーガニックな食生活で、良質なオーガニックチョコが無かったので自分で作ってしまったとの経歴の持ち主。



開封しただけでオレンジカカオの良い香り!
大きさは13.5cmと4.5cmで厚みは7mmくらい。



割ってみると細かな破片がパラパラ落ちるね。
そしてぱきっとした割ごたえ。

口どけはざらりとしてるけど、ビターなカカオ風味とカカオの酸味に混じってオレンジ風味がしっかり口の中に広がる!
これは…めちゃくちゃ美味しいぞ…。
少し粒子を感じるような口どけの後に、口の中に風味が広がった後の柑橘風味が最高。

オレンジの、”具材が入ってないチョコレート”は贅沢な事にあまりテンションが上がらないのだけど、これはおいしかった!
オランジェットならぬオレンジ風味タブレットチョコの中では上位。
ウィリーズカカオのオレンジ⇒過去記事はカカオが美味しいし、こちらは口の中に広がる風味が美味しい。


そんなIngredients.

材料の有機率がすごい。。。
正直材料がオーガニックかどうかまで分かる舌ではないけれど、美味しさは分かった。。。
ちなみに天然オレンジオイルは0.15%との事。


さてそんな美味しいチョコレートを作る会社の公式HPはこちら
⇒Chocolate and Love 英語だよー
Our Storyによると、2010年にリチャード・オコナー氏とブリジット・ホウマン氏が立ち上げたブランドは6年後には35カ国で愛されるようになったとのすごい急成長。
世界の良質なオーガニック材料とスイスの技術が組み合わさったこちらのブランドは、オーガニックかつフェアトレードなカカオを使用というこだわりぶり。

しかし見てみると本当に幾つも受賞していて、シーソルトやコーヒーも美味しそう。。。
ちなみにこの南国風味のおしゃれなパッケージは近くに住むNY出身のアーティストが手掛けたものだとか。









パッケージデザインも大事だね>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート

オランジェットやピスタチオチョコ など:ブロンデル Blondel


スイスのお菓子 スイス
購入場所:ブロンデル銀座店


銀座にあるスイスのチョコレート屋さん


で購入したチョコレート。
イートインしてみた記事はこちら⇒過去記事




自分が購入したのはこちら。
・輪切りオランジェット
・輪切りシトロネット
・ピスタチオ入りビターチョコ
・オレンジピール入りビターチョコ

コンフィズリーはどっちかが644円と506円
g売りなんだけど覚えていない。。。
そして割れチョコもgでの量り売り。


輪切りオランジェット
直径6cm
厚みは本体6mm以上チョコがかかってて10mm以下。


裏面
輪切りのオランジェットは初めてかも?
開封したら砂糖の破片が落ちたwそしてチョコの良い香りがするね。

本体部分はがっつり砂糖漬けで少し硬いくらいなのに、オレンジ皮の苦味が残ってて好きなタイプのオレンジ!
チョコレートは甘めだけどカカオの風味がしっかりしてて、美味しい…。
普段のオランジェットでは食べない果肉部分は酸味が残ってて、果肉の房の皮が食べれるのが面白い触感。
あとチョコレート部分は溶けやすいので手で持たない方が良いかも(笑)
このオレンジ本体が好きな味だなぁ。。。


輪切りシトロネット
直径6.5cm厚みは本体部分5mm。


裏面がジューシー!
レモンは薄め且つしっとりめ且つ柔らかめ。

レモンの爽やかな風味がまたさっぱり!果実本体自体の甘さはオレンジの砂糖漬けより控えめ。
あっさりレモンに対してチョコレートの濃厚な甘さとこってりした風味が、また良いコントラストとなってて、シトロネットとしてのチョコレート菓子としてはこちらが美味しいかも。

なんせオレンジは果実本体が好みすぎてそこしか気にして無かった。。。



ブロンデルの有名な?割れチョコ
マルトーはどっちかが870円で1334円(だいぶ違うぞ)
公式HPで確認したら10g 290円との事。ちなみにマルトーとは金槌という意味だそう。


ダークチョコ×ピスタチオ
手作り感溢れる表面の様子が素敵。


裏面はシンプル。

こちらのダークチョコは何%か聞いてみたら、48%と60%を混ぜてると教えてくれたので店員さんは親切。カフェ時のメモ無くしてて若干うろ覚えだけど(笑)


厚みは8mmからナッツある所1cm超えといった所。
こぼれたピスタチオが味濃いのにすごくしっとりしていて不安だったけど、中のピスタチオはカリカリ香ばしくてナイス!


別方向からの断面。
ダークチョコということなのだけどやっぱり甘め、チョコレートの中のピスタチオは香ばしくて美味しく甘さとカカオ風味の強いチョコに負けてない!
見た目よりもピスタチオ多いし板チョコピスタチオとしても上位かも。
ダークチョコとしては甘めで酸味も少ない、なのにカカオの香りがしっかりしてて美味しい。



オレンジ×ダークチョコ
厚みはピスタチオ以上にまちまちだけど薄い所は4mm。


裏面。


オレンジが、しっかり乾燥してるのにジューシーでほのかに酸味もあり・オレンジピール自体の苦味は控えめ。
チョコはピスタチオよりも甘めで、全体的に甘い印象。
オレンジピールはやっぱり苦めのチョコが合うなあと思った次第。


さてそんなチョコレートを作る会社の公式HPは以前に紹介したので割愛⇒過去記事


そう言えばサロショコでも割れチョコみたいなの置いてた店があったけど、そのお店レダラッハもスイスのチョコレート屋さんだったね。
スイスの個人あたりチョコレート消費量はドイツに次ぐぐらい多いからか、気軽に楽しめるチョコも多いのかなぁと思ったり。
いやお値段は気軽でないけど(笑)









チーズもチョコも豊富だなんて羨ましい…>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ



テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : チョコレート 輸入菓子

ミニバーコレクション:オリジナルビーンズ Original Beans


スイスのチョコレート スイス
12g ×4枚入り 1100円 購入場所:阪急チョコレート博覧会


食べ比べチョコレート最後の品?!


いやまだウィリーズカカオ記事残ってるけど…ひと記事にまとめたらよかった(笑)

こちらは見た事の無いブランドの、シングルビーンズタブレット。4種入ってのお値段がお得と思い思わず購入。
箱だって箔押しされててなんかオシャレ!


全部フランス語かで説明が分からない(笑)
全て同じサイズで、中身は6.3×3.6くらいの厚みが5mm。




Piura Porcelana 75%
鋭めの酸味の香りがしたよ。
口どけがかなり滑らかでびっくり!ハイカカオならばあると思ってた粒子のざらつきが全くなくて驚き。さすが…スイス?
食べてみるとレモンの様な強い酸味がすぐに来て、後から柔らかな苦味が口に広がる。
後味もフルーティで爽やかな75%カカオのチョコでした。
これは美味しいなぁ。

公式HPより
WHITE CACAO, PRURA
北ペルーのピウラ峡谷で紫カカオと同じくらい良質な白い豆。
このマイルドフルーティな豆は特別で、果実のような酸味を持ちながら苦味混合物が含まれていない




Cru Virunga 70%
75%ほど強くは無いけど酸味と、どこか渋い様な香りもあり。
口に入れると柔らかい酸味と甘みが感じられ、木の様なハーブの様な香りのあるカカオの風味が広がる。
味の強さ自体はマイルドだけど、カカオの持つ独特のフレーバーがワイルドかも。
AMAZONIAN CACAO VIRUNGA
元々がアマゾン川流域から発生したカカオ豆を”Amazonian”と呼ばれ、フォラステロ種であるそれらは大量生産品のような不名誉な扱いをされているが、正しいプロセス(乾燥や発酵)を行えば他の豆と同等にフレーバーが引き立つと言われている。
このVIRUNGAはワインのように気候と土壌がフレーバーに深く関わってくる”Amazonian”を使用。そして地元農家がカカオ豆の乾燥や発酵を重要視するようになった最初の一歩とも言われている。』
味説明がなかった(・・;)




Beni Wild Harvest 66%
ハーブの様な花の様な苦めの香り
香りよりも苦味は強くなく、ほんのりとした酸味とカカオの苦味。
これは他のと比べてインパクトが少なすぎて感じるの難しいwふんわりとコーヒーの様なフレーバーも感じるかな?
しかしどれも口どけが良いんだけどコレには毎回驚く…これでカカオ以外の油脂不使用なんだから
さすがmade in swiss!
WILD CACAO BENI
こちらの豆はアマゾン川流域ボリビアの島にあり、ボートでだけ届き土地の者に手摘みされる。
この香り高き小さな豆は我がカカオ保護活動家により2000年に再発見。製品化する価値のある味だが、生産するには満たない量のカカオに保護する価値を見出し、商業べースに乗せた努力の結果。
味説明⇒蜂蜜やアプリコットの風味に、ジャスミンも感じられる事だろう』




Esmeraldas Milk 42%
さりげなく説明文からフルールドセルって字が読めた様な。
これはミルクの香りの方が強いね。
割ったときの触感も、ハイカカオよりは鈍め。
予想通りほんのりとした塩味と濃厚なミルク風味で、苦味はほぼなし、
口どけと相まってとってもクリーミーな印象、だけど甘過ぎずに美味しい
塩味と甘味で塩キャラメルの様な雰囲気もあるね。
ちなみにこちらはアリバのナシオナル種を使用との事。


そんなIngredients.




さてそんな口どけ素晴らしいタブレットチョコを作る会社の公式HPはこちら
⇒Original Beans 英語だよー
ABOUTより
2008年に誕生したカカオの保護と美味しいチョコへの情熱を合わせた、チョコレートメーカー。
『One Bar ; One Tree』という取り組みもやっており、これは一枚のチョコバーが売れるごとにカカオの木を一本植えるという素晴らしい活動。これで今まで植樹したカカオの木の本数は100万本以上なんだとか。
更には環境に優しい物流システム、100%有機堆肥からのパッケージ、温室効果ガスの削減などなど環境にも優しい企業。

Beansにて、それぞれの味の豆説明があったので、『』で各味下に記載しておきました。
ざっっっくり訳なので各土地動画も見れる公式HPがわかりやすいかも。










情熱半端ないチョコレートだ…>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ


テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ アイス せんべい・おかき ウェハース  オランジェット チョコレート博覧会 ハリボ パンケーキ ジュピター福袋 ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 スプレッド マカロン 米菓 カヌレ 氷菓 ファッジ 

検索フォーム
リンク