スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Food Holidays ~今日は何の日?2/15~2/21

大変お待たせしました三回目!


今日は何の日?食べ物編です。
初めは『週一で~』なんて甘い事を言ってたけど、やっぱり日々の更新すらままならない事もあるので無理せずマイペースでやって生きたいと思いますm(_ _)m
自分だけが楽しいこの企画、拙い絵ですが伝わればこれ幸いです。

サクッと自分の記念日を知りたい方はこちら⇒American Food Holidays 英語だよー


gumdrop.jpg

2月15日: National Gumdrop Day
ナショナル ガムドロップ ディ

ガムシロップかと思いきや全く違う物で、円錐型の土台の様な形をした、カラフルでグラニュー糖がまぶされている噛み応えのあるお菓子。…グミではないのか??
大概がフルーツ味で、スパイス(リコリスやらシナモンやら)を使用したものは『スパイスドロップ』と呼ぶらしい。
日本でドロップと言えば完全に硬い飴の事だけども。イギリスではこのお菓子を『アメリカンハードグミキャンディ』と呼んでいるとか。やっぱグミか!wikiまでありました⇒gumdrop wiki

ここでもお菓子に使われたりする事もある、という記述が。。。めっちゃカラフルだもんなぁ(しみじみ)
日本では売ってない様だけど、ハードグミが代用にならないかな?


almond.jpg
2月16日: National Almond Day
ナショナル アーモンド ディ
アーモンドの日!そういやアーモンドと言えばよく『アメリカ産』と書かれてあるよなぁ。。。と思って調べたら、日本に来るアーモンドの98%がアメリカ産で、アメリカは全世界のアーモンドの70%を生産しているそう。桁が違う;
それが故に?アメリカでは日本の豆乳的存在として『アーモンドミルク(アーモンドブリーズ)』なんて物があり、人気を博しているとか。最近日本にも上陸したとかで日本の取り扱いサイトも発見
⇒アーモンドブリーズ

ナッツ好きとしてはちょっと見かけたら飲んでみたい。
日本が食材・お菓子・調味料をまかなう大豆文化なら、アメリカはナッツ文化なんだなぁ
アーモンドバターもちょっと気になる。

indianpudding.jpg

2月17日: National Indian Pudding Day
ナショナル インディアン プディング ディ
インディアン…と名前はあるけど、ニューイングランドで生まれた『Hasty Pudding』と呼ばれる、穀物をミルクや水で炊いた、ポリッジやプディングと呼ばれるもの。⇒Hasty Pudding wikiの一部で、アメリカでは大体コーンミールとスパイスを入れるらしい(インディアンたる名前の由縁)。
アメリカの民謡『Yankee Doodle』でも、そのHasty Puddingが出て来るとか。
元々は麦で作る物だったのが、ニューイングランドでは麦が育たずコーンは収穫できたとかで、トウモロコシ粉を使用したポリッジを作るようになったらしい。
ちなみに上にヘビークリームを乗せるのが定番なんだとか。

コーンミールでコーンブレッドは作ったことあるけど、ポリッジには手を出した事が無いなぁ。


clubstuffedflounder.jpg
2月18日: Crab-Stuffed Flounder Day
クラブースタッフド フラウンダー ディ
フラウンダーとは、アメリカで言うところのカレイ(鰈)。この料理はカレイに、蟹の身(クラブ)を詰めた(スタッフド)メニューの事だそう。
結構アメリカには『クラブスタッフド~~』と、蟹の身詰めた何かのメニューが多い気がする。マッシュルームやらアボガドやら肉やらマカロニやら(ざっと検索してもこれだけ)。
日本は目立って蟹を使った料理は思い浮かばないけど、日本の蟹はそのまま食べた方が美味しいからかな。カニクリームコロッケは大好きw
蟹の身は蟹缶でも代用できるとしたら、日本でも作れそう&受けそうな料理ではあるね!
しかし祝日まであるのはびっくり。
そしてもう一つ
wine.jpg
2月18日: Drink Wine Day
ドリンク ワイン ディ
ワインを飲め!思い切りの良い祝日(笑)日本だとボジョレーヌーボー解禁日がいわゆるそんな感じみたいだけど。
ワインにはポリフェノールなんかが含まれてる事から、アメリカでは嗜好品の中でも健康的な位置づけをされてるみたいで、食卓にワインを勧める運動があるみたい。相変わらず「誰がいつどこで」制定したかは分からないんだけど。。。
ちなみにただワインを飲む(でもいいけど)だけではなく、チーズやチョコ、あらゆる料理き合わせて楽しむ事もオススメされてます。
管理人はどちらも好物なのだけど、下戸故に少し残念。甘党で辛党が羨ましい!


chocolatemint.jpg
2月19日: National Chocolate Mint Day
ナショナル チョコレート ミント ディ
そのままミントチョコの日!でも文言が”チョコレートミント”なのはこだわり?
wikiまで発見。
⇒Mint 、Chocolate wiki

こちらにはハーシーやアンデス、リンツなんかも載ってるけど、ペーメは無かったや。。。
そして見る限り、チョコ自体にミント味が付いているもの、ミントフィリングをチョコで包んだもの、分け隔てなく"ミントチョコ"らしいね。
しかしそんなミントチョコ?チョコミント?アメリカで人気らしく50を超えるベストレシピまで
⇒50+ of the BEST Chocolate Mint Dessert 英語だよー

あまりミント系は作るイメージ無いけど、お国柄かな。。。


cherrypie.jpg
2月20日: National Cherry Pie Day
ナショナル チェリー パイ ディ
アメリカのお袋の味なイメージ・チェリーパイ!ディズニーの白雪姫でも、小人たちに作ってあげたのがコレだったような。。。
真夏の祝祭日(国家独立記念日)などにも食べられるとかな、アメリカを代表するスイーツで、大概アイスがホイップクリームを乗せられて供されるらしいです。
⇒Cherry Pie wiki

『Cherry pie』なんて曲まであるけども、カントリーとは程遠くメタルロック系?のちょっと歌詞が怪しい(笑)まあそれ程アメリカではお馴染みって事で。。。
日本では、アメリカ料理やアメリカ菓子を取り扱ってる所とかでも売ってるみたい。有名なのはアメリカンパイの店NYのバビーズとか⇒Babbys 日本語だよー
関西にはないけどね…。


stickybun.jpg
2月21日: National Sticky Bun Day
ナショナル スティッキー バン ディ
スティッキーバンとは聞き慣れないけど、いわゆる"シナモンロール"のような、巻き込み型で焼いたパンにメープルシロップや蜂蜜なんかをかけたもの。
⇒sticky bun wiki 英wikiだよ

過去日本に上陸して撤退したけどまた最近日本にやってきた、シナボンなんかもこの一種なんだね。(これも西日本には店舗が…)
ちなみに『スティッキー』とは『ベタベタする』、『バン』は『(小さい、ロール)パン』の意味。肉まんだってBUNらしい。
そう言えばスティッキーバンと言う名前では無いけども、日本でもそういう系統の菓子パンはよくパン屋さんに売っているような。。。






根性の無い管理人でごめんなさい。。。>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Food Holidays ~今日は何の日?2/8~2/14

なんとか続いてみました、今日は何の日?食べ物編

すぐに自分の知りたい日を探したい方はこちらへ⇒American Food Holidays 英語だよー


2月8日: Molasses Bar Day
モラセス バー ディ

モラセスとはいわゆる糖蜜(廃糖蜜?)の事。詳しい日本語説明はこちらのwikiが分かりやすいかも⇒糖蜜 wiki

元々はポルトガル語でmelaço…Latin mel(Honey蜂蜜)の意味として来たのが、1582年出版の本に初めてmolassesと言う名前で出たそうな。
でも第一次世界大戦までのアメリカでは、砂糖がわりの安価な甘味料として良く使われていたとか。
詳しい歴史はこちらに⇒Molasses History 英語だよー

モラセスバーとはそのモラセスを使ったバータイプの焼き菓子の事らしい。
こちらも家庭の味と言うのか、レーズン入りやチョコチップ入り、スパイス入りやコーヒー入りとバリエーション沢山。アメリカのお袋の味(南部?)とも呼ばれてたりしてるけども、日本じゃあまり見かけないのが残念。。。あっても工業用とかね。



2月9日: National Bagels and Lox Day
ナショナル ベーグル アンド ロックス ディ

初めて聞いたロックス…と思い調べてみると、加工処理された(冷燻)鮭の切り身の事を言うらしい。
そう言えば、ベーグルメニューには”サーモンとクリームチーズ”なんてものをよく見かけるけども、名前があるとは知らなかった!
ちなみにベーグルは400年以上ユダヤで食べられて来たのだけど、アメリカに来てからはこのベーグルアンドロックスが主流みたい?⇒Jewish Cooking

おかず系ベーグルと言えばハムかサーモンと言った所だけど、どちらも挟みやすいのと色が綺麗なのが受けたのかなぁとか思ったり。

そしてもうひとつ
2月9日: Pizza Pie Day
ピザ パイ ディ

ピザパイとは、ピザの具を生地でパイ状にしたもの…もあるけれどいわゆる普通のピザの事もピザパイと呼ばれたりしてるらしい。
そもそもは『ピザ』が『パイ』の意味をなしてるらしいし。。。
でもパイ生地でおかずを包んだ物も美味しそうだったけど。



2月10日: Cream Cheese Brownie Day
クリーム チーズ ブラウニー ディ

普通のブラウニーではなくクリームチーズって所がポイントなんだね!
と言っても、ブラウニーにマーブル模様が入っているものや、クリームチーズフィリングと二段になって焼かれているもの、ブラウニーでクリームチーズフィリングを挟んだもの…etcなどなど、様々。
日本でよく売ってるブラウニーと言えば大概入れてもナッツ位だけど、ブラウニーを産んだアメリカではチョコのフロスティング乗せたりクリームチーズ乗せたり、ミントクリーム入れたりm&m乗せたりとやりたい放題(笑)

でもチーズケーキだと、チョコレートチーズケーキなんて物は日本でもメジャーだったりするから、その逆バージョンだと思えば良いのかな?



2月11日: Peppermint Patty Day
ペパーミント パティ ディ

スヌーピーにそんなキャラが居たような。。。とか思って検索したらやっぱりそのキャラが沢山出てきたw
どうやら『Peppermint Patties』とも書くこのお菓子、ペパーミントフィリングをダークチョコレートで包んだ物だとか。
有名なのは1940年にヨークコーン社(現ハーシー社)で発売された『York Peppermint Patties』みたい。
⇒York Peppermint Patties wiki

それ以前にもペパーミントをチョコで包んだ物は売ってたみたいだけど、固くカリッとしたのが特徴だとかで。名前の響きが良いのもあったのかもとか思ったり(笑)
ちなみにチャーリーブラウンの作者自身がインタビューで、「新しいキャラクターを考える時にテーブルのお皿にあったキャンディを見つけた」言ってたので、この商品由来だと思われ。

そしてもうひとつ
2月11日: Don't Cry Over Spilled Milk Day
ドント クライ オーバー スピルド ミルク ディ
もう食べ物の名前ですらない?!
元々『Don't Cry Over Spilled Milk 』とは、ミルクを零して、泣いてもどうしようも無いと言う、『覆水盆に返らず』のような諺なんだとか。
それに一味足して、”half of milk”のポジティブ・ネガティブ判断にもかけてあるらしい。
コップにミルクが半分入っている。それを「まだ半分もある」と思うか「もう半分しか無い」と思うか、人の気持ちの持ちようでどうにでもなると言う例え話に良く出されるテーマ。

覆水盆に返らず、済んだことを悔やんでないで、気持ちをポジティブに向けて行こう。。。と言うのがこの日の意味らしいです。
食べ物関係ないけどなんかいいね、ポジティブになる日。



2月12日: National Plum Pudding Day
ナショナル プラム プディング ディ

プラムとはスモモのこと。だからスモモののプディング…と思いきや、いわゆる『クリスマスプディング』にプラムが良く使われる事もあって、そう呼ばれているらしい。12/25では無いんだな。。。
⇒クリスマスプディング wiki

プラムを使用しなくてもプラムプディングと呼んでいたらしいけど、17世紀にはレーズンやプルーンなんかもまとめて”プラム”と呼ばれる事があったらしいのでプラムプディングだとか。
でもクリスマス時期にのみ作られる様になってからは主に『クリスマスプディング』。
その他詳しい言葉の成り立ち⇒Plum Pudding
でもプラムプディングの歴史について書かれたHPはあれども、何故2月12日かは分からず「知ってたらメールして!」とまで書かれてました(・・;)
個人的には、クリスマスプディングは一年がかりで仕込むこともあるみたいなので、それを作り始める日なのかなぁと思ったり。。。誰か知ってたらメールして!(笑)



2月13日: National Tortellini Day
ナショナル トルテリーニ ディ

トルテリーニとは、詰め物入りの小さなパスタの事。たまに輸入食品屋で見かけて一度買ったこともあったり。
ちゃんと日本語wikiもありました⇒トルテリーニwiki

こちらにも神話が載ってるけど、リンクを貼ってるフードカレンダーの神話説明では、「鍵穴からヴィーナスを覗き見した料理人、そのおへそしか見れなかったけど魅了され、おへそ型のパスタを作った」と書いてあった。神話としてはこっちの方がオチが付いてて良いね(笑)

味としては中身に具が入ってるので、ソースやクリームと和えたりスープに入れたりと色々使い勝手良いし好きだなぁ。ただ手作りするとすごく時間かかりそう。。。



2月14日: National Creme-Filled Chocolates Day
ナショナル クリームーフィルド
チョコレート ディ

やっぱりバレンタインはチョコだよね!(笑)
中身入りのチョコは色々あれど、これはその中でもクリーム分が多いボンボンの事を言うみたい。
中身はホイップされたクリームから、フレーバー付きのフィリングまで様々。
日本もかなりフィーバーするこの時期だけど、アメリカでもハート形の箱に色々フレーバーのチョコの詰め合わせが入った物をプレゼントするのが主流みたい。
ちなみにアメリカでは16億ドルもバレンタインのお菓子に使われるとか。

映画フォレスト・ガンプの名台詞、「Life is like a box of chocolates…」「人生はチョコレートの箱のような物」
食べてみるまで中身は分からない、だからやれるだけトライしてみよう。と続くこのチョコレートの箱の中身は、きっと様々な味のCreme-Filled Chocolates なのかも知れない。


Happy Birthdays!!>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Food Holidays ~今日は何の日?2/1~2/7

さて前回記事に宣言したとおり、アメリカの食べ物祝日、フードホリデーを紹介していきたいと思います。
参考にしたサイトはこちら⇒American Food Holidays 英語だよー
あと、同じ日に何個か食べ物がある場合も多いので、その時は好きな方を取ればいいんじゃないかな(笑)


2月自体にも食べ物祭日が決められてるのだけど

・Berry Fresh Month:新鮮なベリー類の月
・Canned Food Month:缶詰食品の月
・Celebration of Chocolate Month:チョコレートのお祝い事の月…いわゆるバレンタインだね!
・Great American Pies Month:アメリカンパイの月
・National Cherry Month:さくらんぼの月
・National Fiber Focus Month:食物繊維に焦点を当てる月?
・National Fondue Month:フォンデュの月。チョコでもチーズでも良いのかな
・National Grapefruit Month:グレープフルーツの月
・National Heart Healthy Month:心臓健康の月。リンクを見たら、オリーブオイルやアボガドオイルなど、健康的な油を勧めてるみたい。
・National Hot Breakfast Month:暖かい朝食の月。日本だったら絶対味噌汁w
・National Snack Food Month:スナック菓子の月
・Potato Lover’s Month:ポテト好きの月
・Sweet Potato Month:スイートポテトの月。

2月のカテゴリだけで疲れてきたかも(笑)それでもまだまだあるんだ。。。
二月の第一週はShape Up With Pickles Time・・・ピクルスでシェイプアップの週?!
第一月曜と第二月曜はオートミールの日だったり。
1月か2月か3月かで開催される”告解の火曜日”はパンケーキの日だったり。。。(今年は3月4日)これに関して日本語wikiまでありました⇒パンケーキ・ディ wiki




さておまたせしました本題。



2月1日: National Baked Alaska Day
ナショナル ベイクド アラスカ ディ

イキナリ知らないお菓子が来ましたw
ベイクドアラスカとは、アイスの上にスポンジケーキなどを重ねて、上をメレンゲで覆ってから(メレンゲが固まる3~4分位)オーブンで焼いたデザートの事なんだとか。

実はアラスカと名が付きながらも、その構造は19世紀の中国使節団がパリに持ち込んだのが始まり。
1894年のアメリカの物理学者が卵白が断熱材になる事を発見し、『オムレット・サプライズ』などとか呼ばれてたのだけどNYのデルモニコレストランが、アメリカがアラスカを獲得した事を祝してこの名前にして供して今に至るとか。。。



2月2日:Heavenly Hash Day
ヘブンリー ハッシュ ディ

ヘブンリーってそれもう形容詞だよ!(ヘブンリー・・・天国にいるような、とか素晴らしいの最上級)
いわゆる『フルーツサラダ』ではあるみたいなんだけど、サワークリーム使用、ホイップ使用、チョコを使ったりマシュマロやナッツを入れたりと細かくは決まっていないみたい。
元々は南部の伝統的なクリスマス料理で、それには赤のマラスキーノチェリーや緑のブドウ、ペカンナッツやその他の材料をホイップクリームに混ぜ込んだものらしい。

日本のフルーツサラダも、ヨーグルトを使ったりマヨネーズを使ったりと家庭の味が出たりするから、これもその家庭ごとのレシピがあるのだろうなぁ。
ちなみにハッシュは、料理用語で言うと細切れのものを意味する(みたい)

そしてもうひとつ:National Pisco Sour Day
ナショナル ピスコ サワー ディ

このピスコ・サワーとはペルー人の好きなお酒のことだそう。ペルーは確かに南アメリカ大陸だし、移民の多いアメリカならではの食べ物祝日。
ピスコが色んなメーカーから出てるお酒で、ピスコサワーはそれを使用したカクテルでした。



2月3日:National Carrot Cake Day
ナショナル キャロット ケーキ ディ

キャロットケーキは、以前スタバのメニューになった事もあるし知ってる人も多いかも。
いわゆる人参ケーキなんだけど、アメリカのはスパイスの効いたスポンジに、クリームチーズのフロスティングやアイシングが塗られているのが一般的。
レシピ自体は16世紀の頃からあったり、砂糖が入手困難だった時代のケーキとしても作られてきたりもしてきて、イギリスでは第二次世界大戦時の配給にもなったとか。
1960年代初めに目新しい物としてアメリカにやってきてからは、代表的なケーキの一つになったみたい(1970年代の5大ベストケーキに入ったとか)。




2月4日:Homemade Soup Day
ホームメード スープ ディ
National Stuffed Mushroom Day
ナショナル スタッフド マッシュルーム ディ

これだけでその日の夕飯ができあがるね(笑)
ホームメードと名のつく通り、お家で作るスープなので種類にこだわりはないみたい。野菜入り、肉入り、魚介入りと色々なのレシピがが紹介されてた。
スタッフドマッシュルームは、あまり日本じゃ有名じゃないけど、巨大なマッシュルームに食材を詰めてオーブンで焼いた料理です。ベジタリアンのメインディッシュにもなるとかで、肉厚で美味しい。
ちなみに今は無きジュニアズのデリでも売ってました。本当にどこで売ってたの?!って位大きなマッシュルームでビックリ。

日本でも椎茸やピーマンの肉詰めがあるけど、キノコと詰め物は美味しいね。



2月5日:National Chocolate Fondue Day
ナショナル チョコレート フォンデュ ディ
World Nutella Day
ワールド ヌテラ ディ

チョコフォンデュとヌテラって、どっちもチョコづくしで羨ましい!w
チョコフォンデュはナショナル(アメリカ)だけど、ヌテラに至ってはワールド・・・?
と思って調べてみたら、サイトまでありました⇒World Nutella Day
実はこれ公式フェレロ社が制定したものでなく、イタリアに住むアメリカ人の人気ブロガー、サラ・ロッソ氏が2007年に作ったもの。それが世界中のヌテラファンに受けて継続され、非公式ながらもフェレロ社もファンに感謝の意を表したりと素敵な祝日に。
それにしても何故2月5日に設定したのかは分からなかった。。。”ヌテラ”が市場に出たのは4月らしいし。



2月6日:National Chopsticks
Day

ナショナル チョップスティック ディ

いわゆる・・・お箸の日。お箸自体は5000年以上前の中国で発明されたものだけど、日常茶飯事で使用している日本のお箸についてもちゃんと言及されてて驚いた。長さが違うのだな。。。
日本だと8(は)月4(し)日なわけだけどw

Chopstickについての5つのトリビアも載ってて、
・中国語で筷子(箸)は、『素早い、小さな、竹の、仲間』という意味
・Chopstickとは、元々は中国人の英語「Chop Chop」がなまって聞こえたものらしい
・日本では”ハシ”と呼ばれる
・基本的にハシは右手で持たれる、それが左利きの人であろうとも。左で持つことは無作法とされ、隣の人にぶつかってしまうからだ。
・ハシでのエチケットでとても悪いのは、食べ物にハシを突き立てることである。

なんか詳しい(笑)それともマナーとかは日中共通?
厳密には食べ物の祝日じゃなかったけど、お箸を使って食べる料理のレシピも載ってたので(寿司ロールとかビーフンサラダとか)そちらもごらんあれ。



2月7日:National Fettuccine Alfredo Day
ナショナル フェトッチーノ アルフレド ディ
・・・パスタ料理が好きな人なら知っているだろう名前。
自分もきしめん派な事もあり、太麺パスタのフェトッチーネは大好き。そしてチーズとクリームソース好きなので、アルフレドソースも好きです。。。なんだ自分の好物か。でもいわゆる『フェトッチーネアルフレド』は食べたことなかったり。

フェトッチーネアルフドは、一つのフライパンでソースを絡めるのが主流みたい。
元はイタリアはローマのレストランで、アルフレド・ディ・レリオ氏が1914年に考案したのが始まりらしい。でも元々フェトチーネにバターやクリーム、チーズなどを入れるパスタ料理は『フェトチーネ ブッロ』などとか呼ばれて存在はしてたみたい。
アルフレドソースは以前自分も業務スーパーで買ったことがあって、(輸入食品屋にもあるかな)パスタとか野菜とも一緒に調理したりして、なかなか美味しかったよ(チーズ好き)。サツマイモにも合うw




などなど。。。
結構知らない食べ物が多くて調べるのに手間取ったりしたけど、こんな説明で伝わるかは不安;
一週で終わる事のないように頑張ります(笑)


Happy Birthdays!!>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。