ピスタチオ ホワイトチョコ:コココショコラティエ /COCOCO Chocolatier


カナダのお菓子 カナダ
56g 450円 購入場所:ユーロクラブ


ピスタチオ使用のバーチョコ再び


しかもそんな組み合わせが輸入食品店で買えるなんて…!
と思わず購入なこのチョコレート、よくよく考えてみたらカフェタッセのピスタチオバー⇒過去記事より100円高く、ガレーのピスタチオバー⇒過去記事と同じ値段というなかなか良い価格帯。
ちなみにg数で言えばガレー>こちら>カフェタッセ。


キレイな表面のホワイトチョコレート。 中にうっすら緑色が透けて見えるような。。。


ガレーやカフェタッセの様にフィリング入り?と思いきや、くど過ぎない風味の良いホワイトチョコの中には、ピスタチオが点在。
ホワイトチョコは口どけも良くて甘過ぎない、美味しいホワイトチョコレート。

ただ自分が期待していたほどのピスタチオ感がなくって少しがっかり。
いやチョコ自体はは本当に美味しいんだけどね…。
ピスタチオチョコと思ったらアレだけど、ホワイトチョコのピスタチオ添えと思ったら良いのかな。
よく見たら商品名もホワイトチョコwithピスタチオって書いてあるから、ホワイトチョコがメインだし。
ピスタチオの絵柄よりもレインフォレストアライアンスのマークの方が大きいし(笑)


そんなIngredients.

パッケージによるとカレボー社のクーベルチュールチョコを使用との事。それはおいしいよね。

さてそんなチョコレートを作る会社の公式HPはこちら
⇒COCOCO Chocolatiers 英語だよー
About Usより
カナダはアルバータ州カルガリーにある、カナダ人の誇りです。レインフォレストアライアンス認証(略してAR認証)を受けたカカオしか使わないというこだわりもあるみたいで、受賞したチョコともあるけどイマイチ創業者や背景が見えない。

輸入代理店の豊産業株式会社の商品説明ページに説明もあったのでご紹介。
⇒豊産業株式会社 日本語だよ
これによると1998年のチョコレートコンクールで総合優勝した『ベルナルド・カレボー』ブランドが生まれ変わったとの事。

カレボーと言うとあのカカオバリーと合併したカレボー?
ワールドチョコレートマスターズを主催するバリーカレボーのカレボー??


と思い色々検索したら、まずショコラトリー・ベルナルド・カレボーのHPもコココショコラティエになっているのを発見。
⇒Bernard Callebaut

そしてナショナルポスト記事にてベルナルド・カレボー氏がレシピやブランド名を売り渡した事が言及されてました。
⇒Papa Chocolatier: Calgary’s former king of chocolate focuses on new company and fresh recipes
30年以上もカナダのカルガリーで愛されていたベルナルド・カレボーは、経営不振によりそのブランド名やレシピや型まで丸っと買収されたそうな。
そしてベルナルド・カレボー氏は自身のショコラトリーとしてPapa Chocolatというお店を2010年に立ち上げ。ちなみに名前は自分の子供が呼んでた愛称から。
その記事内では予算がないから広告など打たないが、ベルナルド・カレボーは今Papa Chocolatに居ると知ってほしいとの事。

そして記事内に1911年からベルギーで続くチョコレートメーカーの一族…ともあったので、どうやらかの有名なチョコレートメーカーカレボー一族の一員で正解みたい。1980年代に新天地を求めてカナダへやって来たとか。

更に別のベルナルド・カレボー氏の自己破産宣言記事にてコココショコラティエがそのベルナルド・カレボーブランドを買い上げた会社だと紹介されてました。
⇒Calgary chocolatier Bernard Callebaut declares personal bankruptcy
そしてら2011年に新たに創業したPapa Chocolatも最終的に営業停止になったのだとか。。。

と思いきや今はMASTER CHOCOLATという所で営業してました。
⇒Master Chocolat | Bernard callebaut Fine Handmade Chocolate
こちらでもボンボンショコラから家庭用ベーキングチョコ、バーチョコやプライベートブランドまで手がけているお店みたい。

ブランド名やレシピや道具まで譲渡して、それでも新たにブランドを立ち上げる所はすごい。
コココショコラティエも譲られた物も元に、AR認証などの材料にも気を使いうまいことすみ分けているのかも。





(カレ)ボーの一族>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ




スポンサーサイト

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート

ナッツスター ブルーベリー:モリスナショナル /nutster : Morris National


カナダのお菓子 カナダ
42g (5粒) 200円(特価)


なかなか忙しくてテンプレの様な記事を書く時間すらあまり取れない状況だけど、お菓子はやはり食べてて写真も撮ってるのでひっそりですが出来る時に更新していきます(何の決意表明)
なので翻訳説明を若干略したりするかも。
閑話休題


見たことないお菓子をプラザで発見、特価だったので思わず購入。
裏面の説明の『アーモンドとブルーベリーヨーグルトフィリングをミルクチョコレートでコーティングしました』が、どんだけ盛りだくさんだと思って(笑)



開封したらブルーベリーの香りがほんのり。
噛んでみるとサクッとしたウェハースの中に、ほんのり酸味のあるフィリングが。これが”ブルーベリーヨーグルトフィリング”なのかな?
ローストアーモンドはあまり気づかなかった。。。

構成としては爽やかなフェレロロシェな感じ(笑)
中身は爽やかで、ナッツと表面はサクサクと香ばしく、チョコレートは甘めだけどカカオの風味もしっかり…となかなか濃いチョコレート。
でも味の方向性が多すぎて若干迷子になってる気がしないでもない(笑)

そんなIngredients.

ちなみに製造はアメリカ


そんな盛りだくさんチョコレートを作るブランドの公式HPはパッケージの裏側にアドレスがあったのでご紹介
⇒nutster 英語だよー
トップページからしてカナダ国旗なABOUTによると1950年から続く家族企業らしく、カリフォルニアの工場でフェアトレードのチョコレートとカリフォルニア産のアーモンドを使用したそうな。
天然素材使用とかGMOフリーとかトランスファットフリーとか、素材にもこだわりがあるみたい。

そして、”Morris National”と裏にあったので検索してみると、モリスナショナル社の公式HPも発見したのでご紹介
⇒Morris National 英語だよー
ABOUT USより
元々は1950年にカナダで出来た企業が、1975年にアメリカ資本でも出来たみたいなのかな。









海外公式HPを深追いしないつもりだったのに好奇心に負ける>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

tag : チョコレート 輸入菓子

クリスピーライストリート:メガスナック /Crispy Rice Treats : Mega Snack


カナダのお菓子 カナダ
4個入り 購入場所:ディーン&デルーカ


やっとDEAN & DELUCA福袋を全部紹介!

今年の1月2日に買ったD&D福袋⇒過去記事
もう4月だよ!いや食べるのはとっくに終わってたんだけど(・・;)2月のチョコレート祭を出来るだけリアルタイムに送ろうとしたら後回しになり…あとブログサボりすぎ。

そしてアメリカでは製菓材料としてもメジャーな『ライスクリスピー』、そういう系の日本のお菓子”おこし”とかが特に好きでもなかったので今まで食べたことが無かったので、今回図らずして食べる機会があってドキドキ。


中身は4つ入りの小包装でした。
ノーピーナッツ!な主張が激しい銀紙。。。



開封したらマシュマロの甘い香り。
本当におこしのような見た目に覚悟して齧ってみたら、想像より柔らかくってびっくり!


横からの図。

噛んでみたらサクッと歯が入って、噛み応えのあるマシュマロのような歯ごたえ。
想像より全然食べやすくってなかなか美味しいじゃないか!
味もしっかり甘いのだけど、食感が軽いからかそこまで重く無い。
よく見るし存在は知ってたけど、食べてみないとわからないもんだなぁ。

そんなIngredients.


そしてケーキの土台なんかにも使われてるので検索してアレンジレシピなんかも試してみたかったけど、元から作るレシピの方が多いね。
そんなテキトーに画像検索した中から少しやってみた。


チョコレートを上掛けして、スプリンクルを振りかけて派手派手に!
ちなみにサイズ的には一個を半分にしてみた。


クリームチーズに砂糖とかを混ぜてフィリングにして、冷凍ブルーベリーで即席ジャムを作り乗っけてみる。
これは自作ライスクリスピーをホワイトチョコとマシュマロで作ってた人がやってたから、構成だけ真似させてもらった。

そんな普通に食べても予想外の柔らかさでなかなかおいしいライスクリスピー、アレンジもきくので面白いお菓子でした。

さてそんなライスクリスピーを作る会社の公式HPはこちら
⇒Mega Snack 英語だよー
ABOUTによると、元々はRapid Snackと言うスナック会社から2009年に独立したブランドみたい。
カナダにおけるコンビニや自販機スナックへの流通、輸出商品に関しても特化してるのだとか。。。










でもまだチョコ祭記事終わってない(・・;)>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 スナック

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク