ピスタチオジェラート:ITAL GELATO


イタリアのお菓子 イタリア
473ml 537円 購入場所:イオン


ピスタチオジェラートがスーパーで?!


買えるなんて…とびっくりしてたら、実はイオンでイタリアフェアをやっていて。普段見かけないイタリア産お菓子とかも置いてたのでぼちぼちご紹介。



側面はこちら。



そこまで緑色していなくて、開封すぐは拍子抜け。
まあ日本語でもピスタチオ配合5%とあるし、そこまで期待していなかった…


…なんて油断してたらピスタチオの風味がしっかり!!
冷凍庫から出してすぐでもすぐにスプーンが入るくらいの柔らかさにも驚き。

色合いに対してナッツ風味がしっかりしてるから、ピスタチオ以外のナッツ・もしくは香料も使われてるのかなと思いきやそうでは無かったよ。
甘さもしっかりあって濃厚なジェラートが美味しい
これ、ヘーゼルナッツ味もあったからそちらも購入すれば良かったな。。。
すぐに食べ切ったけど、買い足しに行ったらフェア終了で影も形も見当たらず売り切れてて残念。


そんなIngredients.

日本語パッケージだったけども、会社URLが書いてあったのでそこから公式HPに飛べます。

⇒ITALGELATO 英語だよー
ABOUT USを見たら創業年などは書いてなかったけど、全てイタリアの自然素材を使用、保存料などの添加物不使用などのこだわり有り。
各種企業のプライベートラベルも承ってるみたい。









ピスタチオフラペチーノ楽しみ>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

スポンサーサイト

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 ピスタチオ アイス

ピスタチオミルクチョコ:カフェタッセ /Laite Pistache : CAFE-TASSE


ベルギーのお菓子 ベルギー
45g 320円 購入場所:ユーロクラブ


カフェタッセでピスタチオチョコ!

そんな2大大好物のコラボを発見して思わず購入。


最近食べてなかったカフェタッセ。
おなじみの形に懐かしさを覚える…。


カカオは35%、ピスタチオペーストは9.59%との事(細かいw)
コクがあって香りに独特さのあるミルクチョコ…の中に、若干粒の食感もわかる様なピスタチオフィリングが。
周りをしっかり覆うミルクチョコのバニラ風味?の様な香りがかなり強くて、肝心のピスタチオがパンチ弱め・対して甘さはしっかり強め。
ピスタチオとしての塩気はほとんど無し。

チョコとしては美味しいしよく味わえばピスタチオの風味もわかるのだけど、フレーバーの強さとしては自分が期待するほどはなかった。カフェタッセと言うことで期待しすぎてた感はあるのは否めない。。。
でもピスタチオ粒の食感があるのは素敵だね!

そんなIngredients.


好きなチョコメーカーでピスタチオを見つけると嬉しくなって即買いするけど、期待値が大きすぎて若干肩透かしなのはリンツでもあったな…。⇒過去記事

自分のピスタチオチョコの好みが
『ラズベリーなどの素材と組み合わさった総合的に美味しいショコラを求めているわけでなく
ピスタチオ全開!!なのが単純に好きだからかも。

それを考えるとイタリアのピスタチオって自分の好み的に今の所外れないなぁ。



カフェタッセ ピスタチオミルクチョコ(45g)

カフェタッセ ピスタチオミルクチョコ(45g)
価格:345円(税込、送料別)







サロショコのピスタチオ楽しみ>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート ピスタチオ

トリュフミックス3粒:アンティーカ・トロッネリア・ピエモンテーゼ /TARTUFI DOLCI MISTI : Antica Torroneria Piemontese


イタリアのお菓子 イタリア
3粒 700円くらい 購入場所:プラザ


イタリアの食材が好きです

ピスタチオしかりバジルしかり。。。
さて3粒でこのお値段と思いきや、あまり見かけないピスタチオトリュフに惹かれてプラザさんにはリンドールの恩もあり(笑)思い切って購入。


素朴な手触りの包み紙。
どれも中身は大体2×2×3cmくらいと言った所。


プラリネ


形状も不思議な四角だけどまさかの中身入り?!噛んだらホロリと崩れるような、粘性少なめのトリュフ。
荒いナッツの食感と砂糖を噛むような僅かなシャリ感…と思ったら、どうやらナッツのヌガーでした。
甘さもしっかり、カカオよりもナッツの風味が強いトリュフでした。


ジャンドゥーヤ


断面のナッツが大きい!丸のままのヘーゼルナッツの芳ばしい風味が強く、包み紙によるとピエモンテヘーゼルナッツ23%(とヘーゼルナッツペースト)との事。
チョコ自体の含有は、カカオ30%チョコレートと、ヘーゼルナッツ15%を使用したジャンドゥーヤを56%組合わせた物とか説明が細かい(笑)
確かにチョコ部分だけを食べてもジャンドゥーヤなんだけど、それよりもナッツ自体の風味が強くて美味しい
これは…少しづつ切って食べて行きたいおいしさ(笑)


ピスタチオ


マイラブにして購入理由のピスタチオ!予想外のチョコまでピスタチオカラー+周りは粉砂糖。一番ホロホロした食感。
欠片を口に入れただけで広がるピスタチオの風味!仄かな塩味とあいまってまさしくピスタチオ。
ちなみにピスタチオはホールとペーストで32%使用との事。
カカオを含有してるチョコで無く、ホワイトと組み合わさってる事でよりピスタチオの味に集中出来て嬉しい。。。
これは美味しい。これだけで10個くらい食べたいなぁ…

滑らかさや繊細さというジャンルでは無いけど、素材の持つ力が美味しくてとても良いチョコでした!


そんなIngredients.



そんなナッツ感満載なトリュフを作る会社の公式HPはこちら⇒torrone 伊語だよー
右上のEngボタンで英語表記可。
COMPANY→Antica Tronneriaより
1884年にジュゼッペ・セバステ氏が”PGI Piedmontese Hazelnut”にインスパイアされて作ったパティスリー。伝統的な技法にこだわり、四世代にも渡って続けられているとか。。。
”PGI Piedmontese Hazelnut”って何だと思いきや、PGI=地理的表示保護によって保証されてる『ピエモンテ産のヘーゼルナッツ』の事だと思う。多分。
⇒原産地名称保護制度 wiki 日本語だよ
昔からの技法さながら、素材(特にヘーゼルナッツ)にもこだわりがあり、殻付きのまま農場から買い焙煎や選別までを自社で行ってるんだとか。
こんな昔から続く、こだわりのお菓子が遠く離れた日本でも買えるのが有難いね。

Videoもあり、Versione lungaの前半ではこの会社の看板商品(社名にもなってる)トローネの製造過程が、後半からは今回紹介したトリュフの製造過程が見れます。全編イタリア語だけども…。
Productを見たら、ピスタチオ入りのトローネもあるみたいで食べてみたい!
しかしDownlordページに ん?と思ったら製造過程や素材の写真画像があなたの端末に保存できます。との事w
ピスタチオがあれば…!(保存しちゃうのかよ)


イタリアのヌガーであるトローネの存在はトブラローネで知ったり、他のお菓子で歴史を調べた事もある⇒過去記事のだけど、実は今まで食べた事が無いので一度雪のような白いトローネを食べて見たくもあったり。。。









商品の味選択肢にピスタチオが有るのが良いなぁイタリア>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ






テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート ピスタチオ

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ アイス せんべい・おかき ウェハース  オランジェット ピスタチオ チョコレート博覧会 ハリボ ジュピター福袋 パンケーキ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 スプレッド マカロン 米菓 カヌレ 氷菓 ファッジ 

検索フォーム
リンク