スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジミルク:ショコラティエ・エム /ORANGE DELIGHT : Chocolatier M


ベルギーのチョコレート ベルギー
80g 1080円 購入場所:阪急チョコレート博覧会


大好物オレンジ×チョコ

あまり自分は聞いたこと無いメーカーだけど、好物を発見したとあらば買うしかあるまい。。。
箱の手触りがサラサラしてて良い感じ。


箱の封印シールもオシャレ。



大きさは7.5×15.5cmくらい、厚みはオレンジを抜いて7mmくらいかな。



ダイナミックなオレンジの入り方!


しかしオレンジがごつくてキレイには割れないね。でもこのオレンジの厚みはテンションが上がるw


33%のミルクチョコはしっかり甘くてコクのある、ザ・ベルギーチョコレート。
オレンジは苦味がしっかり残った自分好みのオレンジ!そしてとてもジューシー
オレンジの酸味や苦味と、ミルクのまろやかな甘さが相まって美味しいなぁ!


ジューシー感溢れるオレンジ痕。
オレンジにはビターが自分の中の鉄板だったけど、ミルクも良いね。
ただオレンジの跡だけが残るチョコは寂しいw

とにかくオレンジが美味しくて、下手なオランジェット食べるよりよりオレンジ感があるよこのチョコレート。
これは見かけたら来年も買いたい一品!


そんな自分好みのオレンジチョコを作るショコラティエの公式HPはこちら
⇒Chocolatier M 蘭語だよー
右端の付箋ぽい所のENで英語変換できます。
ショコラティエM…もといDavid Maenhout氏は、2015年と2016年のインターナショナルチョコレートアワードにて13個の賞を、2017年には8エントリーの7賞を獲得するという実力派ショコラティエ。
輸入代理店HPによると、2013年にはベルギーのベストショコラティエにも選ばれたんだとか。

videoページには動画があって、1番下のベルギーのチョコ祭?がとっても楽しそう!その他インタビュー動画などもあるけどいかんせん言葉が分からない。。。
pressページには日本のウィスキー『山崎』とチョコの画像があったので、山崎使用ボンボンなどもあるのだろう。

HPを見てみるとタブレット紹介がなかったけど、ボンボンショコラも気になって来た。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【値下げ/送料無料】ネロ Nello BIGオランジェット200g【あす楽】
価格:3500円(税込、送料無料) (2017/8/19時点)







来年も来たらいいなぁ>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート

ミシキィーカカオ マカンボ60% MISHKY MAJAMBO


ペルーのチョコレート ペルー
90g 1728円 購入場所:阪急チョコレート博覧会


チョコレートのようでチョコレートでない?


こちらは植物学上はカカオの仲間、テオブロマ・ビコロール(マカンボ)を使用したというチョコレート。
そんなレアなチョコレート、この機会を逃したらいつ買えるか…?!とテンション上がって思わず購入。

カカオの仲間の植物でチョコレートが出来るかどうか、的な話をカカオハンターのコラム(多分富澤商店の可可豆(カカオ)見聞録…だけどもリンク見つからず(・・;))かどこかで読んだ記憶があるので、それもあって是非とも試してみたかったチョコ?の一つ。



しっかりと光を通さない系の袋で防御されてます。



艶やかな表面と、ホワイトチョコレートよりもベージュめが強げなチョコレート。
表面に少し粒子?っぽいのが見えてるのが特徴的かも。


割ごたえは見た目の割にシャープ。
ほんのりと大豆の様なナッツの様な穀物系の香り

食べて見ると苦味は一切なく、ねっとりとしたカカオバターの口当たりとほのかな甘み、そして不思議な風味…何だろうこれは?
ナッティで、そしてどことはなしの仄かな酸味?
苦味が一切無いからチョコっぽく無いし、しかしホワイトチョコと言うにはミルキーさが無く甘さが控えめ。
60%使用しててこの色なのも驚きだなぁ。

小豆のような風味もあるかな…?(結局豆なのか)
パンチがなさ過ぎて個人的にはそこまでハマらなかったのだけど、この風味がクセになる人も居るそうな。。。
何はともあれ貴重なチョコレートを食べれたのは嬉しい!


そんなIngredients.


パンチが少ないから他にどんな組み合わせが行けるかと思って色々試してみる。

withオレンジピール
オレンジピールの酸味と苦味がおいしいけど、その後にねっとりとした独特の風味がやってきて組み合わせとしては普通かな?


withラム酒漬けフルーツ
ラム酒の風味と独特の風味が合わさって、違和感が消えてておいしい!


withクルミ
ナッツの素朴な渋みとチョコの素朴な甘みが相まって中々良いかも
食感の変化があるところが決め手かな


初めて食べた時はその風味に少し引いたけど、慣れてきたらナッツ系の風味に思えて面白いね。
そして食べ進まず結構な時間置いてたけど、夏の部屋でも油脂が分離しないのはすごい(笑)



さてそんな一風変わったチョコレート?を作る会社の公式HPはないのだけど、Facebookページはあったのでそちらをご紹介
⇒MISHKY CACAO Facebookだよ
しかし説明もスペイン語でよく分からない。。。

と言うわけで日本の輸入代理店の公式HPから説明を抜粋。
⇒トモエサヴェール
こちらはペルーはサンマルティン県のチャスータにある、女性によるカカオ生産農業組合・MISHKY CACAOによって作られたチョコレートなのだとか。

⇒World's 50 best 英語だよー
こちらの記事のChazutaの項目でミシキーカカオについても言及してるのでおひまなら読んで見ては。










カカオの世界は奥が深い。。。>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ




テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

tag : 輸入菓子 チョコレート

エギュイエットシトロン:ダロワイヨ


フランスのお菓子 フランス
70g 1000円⇒540円 購入場所:ダロワイヨ心斎橋店


シトロネットは初めてかも?


いや以前輪切りのチョコがけシトロネットを、スイスのチョコレート屋さんブロンデルにて⇒過去記事購入した事があったっけ。
結局オレンジスライスがド好み過ぎてあまりシトロネットの記憶が無かった。。。そんなオランジェット好き(笑)

国内製造なんだけども、ブログの方針に則ってフランスのお菓子カテゴリに。
たまたまお邪魔したダロワイヨにて、春先で値下げされていたシトロネットを発見!思わず即購入したけど、ショコラティエのオランジェットに慣れた身でよく考えたら定価でもお手頃かと。





ミルクの甘みがしっかりくるね。オランジェットはビターめのチョコが多いからなんだか斬新。


チョコレートの中には、爽やかな香りのレモンピール。
そして想像よりも酸味がないね。
レモンピールは柔らかくて、まるでゼリータイプなグミの様な雰囲気。レモンの風味がほんのり広がり、爽やかだけどもミルクチョコの甘みが強いかも。
レモンピール自体の苦味も控えめで食べやすいのかもしれないけど、オランジェット好きとしてはもっと苦味がほしかったかなぁ。


そんなIngredients.


さてそんなシトロネットを購入したお店の公式HPは以前に紹介したので略⇒過去記事
結論として自分はやっぱりオランジェットが好きという事が改めて分かったのでw、今度はダロワイヨのオランジェットも食べてみたいなぁ。



久しぶりにケーキバイキング行きたい>カエル
ランキング参加中> にほんブログ村 スイーツブログ 輸入菓子へ

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : チョコレート

プロフィール

まるでかえるぐみ

Author:まるでかえるぐみ
好き勝手に食べてます。
更新情報と食べ物つぶやき⇒twitter

カテゴリ
Ad
最新記事
最新コメント
ジャンクフーダーカウンター
お菓子を買うなら(楽天リンク)








菓子種別タグ

輸入菓子 チョコレート スナック クッキー ケーキ グミ サロン・デュ・ショコラ 百均 プレッツェル 餡子系 リンツ 西友 飲料 ナッツ せんべい・おかき ウェハース アイス  オランジェット チョコレート博覧会 パンケーキ ジュピター福袋 ハリボ ピスタチオ 和菓子 ヌガー 冷菓 D&D福袋 氷菓 ファッジ マカロン カヌレ 米菓 スプレッド 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。