世界のお菓子in片田舎


記事の内容

前へ | 次へ

クリスマスマーケットin大阪梅田
2013/12/17 22:41

画像

開催期間:12月25日まで
開催場所:新梅田シティ
開催時間:日によって異なる(詳しくは公式HPへ)

間に合った・・・かな?

と言ってもあと一週間近くしかないけど。。。
さてドイツが本場なクリスマスマーケットドイツ
オクトーバーフェストをやってた場所過去記事で開催してたので行ってきました。


JR大阪駅が最寄りなのだけど、グランフロント付近にこんな建造物が
画像
あって、この近くにもドイツ屋台っぽいのがあるのだけどここでは無く、
道路渡って地下道通った先にあります。(詳しくは公式略)

画像
それこそ色んなオーナメントを売ってたり
キリストの生誕と三賢者の模した置物もあったりメリーゴーランドや屋台遊具や
機関車(子供用)、クマやサルのぬいぐるみ屋とかアロマハウス屋とか異文化雑貨etcetc
が沢山あったのだけど、ここはお菓子ブログだから(一応)略。
ホントに見てるだけでも楽しかったよー。

画像
グリューワイン(ホットワイン)売りも2件ほどあって、酒飲み同行者は
サンタマグカップと共に購入してました。(写真忘れ…)

画像
クリスマスハムのサンドイッチ 600円
画像
白ソーセージ(パン付) 600円
どちらもパンはもっちりとしたフォカッチャのような食感で食べ応えあり。
画像
プレッツェルも売ってたけど、オクトーバーフェスでかなり食べたので止めておく。


本題はココから!


そしてお菓子好きの憧れ
画像
画像
お菓子の家!
画像
その名もレープクーヘンハウス。レープクーヘン職人が日がな製造してました。
画像
名前の通り大量のレープクーヘンが!もちろん購入できます。
画像
キャンディケーンやスペクラチウス(スペキュロスの事かな?)やはちみつケーキ
画像
キャラメリゼされたナッツ菓子(ペカンやアーモンド、カシュー等)などなどテンションMAX!
画像
館の右端にはキャンディ職人も居ました。

ここでの購入物
画像
レープクーヘン (小) 600円
画像
期限も長いしクリスマスが過ぎるまで飾っておきます。(食べたらココでご報告)


追記
画像
なんとか賞味期限内に食べました(笑)
画像
裏面はツルツル。想像よりもサクサク!で軽い食感。ただ砂糖部分はかなり硬いw
少しスパイスと生姜の風味がきいてるけど、濃過ぎず食べやすいお味でした。


画像
屋台菓子。本場のごとく?歩きながら食べてたのでちょっと減ってる。
画像
ペカンナッツ キャラメリゼ 100g 900円
値段すげえと思いつつ、ペカンナッツ大好きがゆえに買ってしまった。
キャラメリゼ部分にどことなく黒糖のような香ばしさ?コク?があって美味しい!
特にナッツ好きでもない同行者もこれは褒めてた。

画像
トゥルキッシャーハニー 100g 900円
これはなんなんだろうと思い家に帰って調べてみたら、多分どうやら
トゥキッシャーホーニッヒ…Tuerkischer Honig…トルコの蜂蜜
と言う名の、ドイツのヌガーなんだとか。
味はヌガーらしく激甘。(笑)なんだけど一緒に入ってる
生ピーナッツ?の食感が面白くて、ついつい食べ切ってしまった。
なかなか日本では味わえないお菓子だね!



そして少し離れてた屋台ではバームクーヘンやシュトーレン、
バニラキッフェルン等も売ってました。
画像

そこでは実演揚げ菓子も売ってました。
画像
画像
(左・丸くて大きいの)フッチーズ         (右・四角い揚げ餅みたいな)ムッツェン 
両方1パック?600円

画像無くて申し訳無いのだけどちらも紙袋&割り箸で提供してくれます。
どちらも味付けを、砂糖かハチミツ聞いてくれるのだけど、うっかりふたつとも
ハチミツにしてみたら若干染み出してきてまいった;
長時間持ち歩きの際は『砂糖』オススメ。

味はもっちりしたパンのようで、本体には甘さが無くほぼハチミツ味。
ムッツェンの方がよりもちもちしてて弾力強し。
ちなみにムッツェンはwikiまで発見。⇒Mutzen wiki 独語だよー
基本はダイヤモンドカットで揚げて、粉砂糖だそうな。



見て楽しい食べて楽しいクリスマスマーケットは12/25までやってるので
気になる方は覗いてみては?
公式HP⇒ドイツクリスマスマーケット大阪2013




画像

今年も入荷いたしました!世界のクリスマススイーツを成城石井より...
価格:1,250円(税込、送料別)


画像

本場ドイツからクリスマスギフトに!【限定販売】Mini Elisen Do...
価格:980円(税込、送料別)




今年はシュトーレン買えてないや>カエル
ランキング参加中> 画像

カテゴリ:食べてきた -eat in

前へ | 次へ

コメントを見る(2)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン


Powered By FC2ブログ